CARNATION 35th Anniversary "SHIBUYA COSMIC BASKING 2018 spring"カーネーション/スカート@渋谷・WWW



CARNATION 35th Anniversary "SHIBUYA COSMIC BASKING 2018 spring"  カーネーション/スカート@渋谷・WWW ¥3,800

ヴォーカリストとして好きな女性は坂本真綾さんとクラムボンの原田郁子さん、なのだが、男性はといえばカーネーションの直枝政広氏をあげる。

直枝さんというかカーネーションは、音も東京らしく格好良くてダサい。その気負いのなさは、余所者の多い東京の音楽シーンで、東京人にはぴったりくるのだった。

カーネーションといえば、ミュージシャンズミュージシャンであり、ナゴム、ムーンライダーズ人脈で、森高千里とも一緒に演奏しており「夜の煙突」は彼女にカバーもされた。大森靖子のプロデュースもする、バッファロードーター聴いてた頃は大野由美子がライブメンバーで、この頃のライブアクトが非常に好きだった。いづみちゃんも今はダウンタウンももクロバンドでお目にかかることができるが、ソロ後期では直枝さんプロデュースからカーネーションにも参加するなど 加藤いづみファンとしてはわくわくしたものだった。

ということで、久々のカーネーション。どうも色々裏バッティングして随分と久しぶりの参戦となった。対バンなので一時間ほどだったが、本編で諳んじていたのは一曲のみ、それもはるか昔の直枝さんソロ曲(「60wはぼくの頭の上で光ってる」)をやってくれたから、だった。アルバムきちんと聴きなおさんと。他にはアンコール大ラスの「Edo River」それとスカートが直枝さん呼び込んでやったカバーの「オートバイ」は知っとりましたが・・・。

相変わらず格好良かった。ただ、ロックだと思っていたけれど、スカートみると、なんかベースは同じような感じで、シティポップという括りで再発見されるのも手かもしれない。来月、再来月も対バン呼んでWWWで公演あり、そして6月は日比谷野音。行ければ行きたいのだが。


2018-02-20

●2018年2月20日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 白泉社 花とゆめコミックス ももももっと! 2 (花とゆめコミックス) 中条比紗也 → 【オススメ】 中条比紗也/ももももっと!

★(電子版同発) 白泉社 花とゆめコミックス 墜落JKと廃人教師 1 (花とゆめコミックス) sora

★(電子版同発) 白泉社 花とゆめコミックス ねこ男子 ニャンキーハイスクール 1 (花とゆめコミックス) 柴宮幸


2018-02-19

●2018年2月19日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 集英社 ヤングジャンプコミックス ふしぎの国の波平さん 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) 小森陽一/畑優以

☆(電子版同発同額) 小学館 裏少年サンデーコミックス ほぐされ紳士、揉井さん(1) (裏少年サンデーコミックス)(1) 渦井/崇志

(電子版3/2) 小学館 サンデーGXコミックス ラブホール 1 (サンデーGXコミックス) 陽気婢

(電子版3/2) 小学館 サンデーGXコミックス 薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ 1 (サンデーGXコミックス) 日向夏/倉田三ノ路ほか

★(電子版同発) 竹書房 バンブーコミックス どるから (1) (バンブーコミックス) 石井和義/ハナムラ

★(電子版同発) 日本文芸社 ニチブン・コミックス クルエラー ザン デッド(上) 佐伊村司/高橋構造


Gacharic Spin TOUR 2018@西川口 Hearts

マンガのレビューが滞って何のブログだって状態になっては おりますが週末までにはたぶん何かしらあげますのでしばしお待ちを・・・



●Gacharic Spin TOUR 2018@西川口 Hearts  ¥4,000

・全力ガールズバンド、ガチャリックスピンの ニューアルバム発売直前ツアー。ツーマンも混じるが西川口はワンマン。 ちなみにソールドアウトで当日券の販売はなし。アルバムは4/11発売→G-litter (初回限定盤Type-A)

・ガチャリックスピンの魅力は、メンバーそれぞれの技量の確かさ、 ヴォーカルもそれぞれがとれる多彩さ、それゆえの楽曲の自由度、 所狭しと踊りまくり客を飽きさせないステージング。今回も楽しませてもらいました。開演は19時予定も実際は19時30分、ただしそれまでに余興を挟んで くるところが並のバンドではない。

・フラットなライブハウスでは後方からは見づらいのだが、 お立ち台が用意されて入れ代わり立ち代わり登ってくれる ガチャピンのステージは、普通のバンドと違いストレスは少ない。

・ところで。今回もキーボードのオレオレオナさんは 凄い衣装で。なぜハンバーガーなのか。まぁ他のメンバーも 大概な衣装なのだけれども。サービス精神旺盛で 米米CLUBみたいだなと思うバンドではあるが、 このコミックバンド風なコスチュームは、一度捨て去って みてもいいのではないかと思わなくもない。

・さて。 西川口というとアレな風俗街でしたが、今はチャイナ系無国籍な町に変化を遂げているらしい。そんな場にある 西川口Heartsでしたが、場所は非常に分かりやすかった。 会場にロッカーはないが500円でクローク用意。 ただ駅でロッカーにあずけようと思っていたら探せなかった。 時間ないのでまぁいいやとライブハウスに向かってしまったのだが、 どこにあったんだ?




sora tob sakana presents 「天体の音楽会」@中野サンプラザ

sora tob sakana presents 「天体の音楽会」 @中野サンプラザ ¥4,200

・14時開演で終演が20時になるとは当初思っていなかった。出演者多彩のイベント企画。出演アーティストは、sora tob sakana / sora tob sakana band set / amiinA / Maison book girl / siraph / tricot King Gnu / 26時のマスカレイド / ゆるめるモ! / パンダみっく(オープニングアクト)。これでこのお値段はお値打ち価格。座席指定で席もあればロッカー不要だしホールなのでドリンク代かからないし再入場も可能ということでありがたいイベントでした。



sora tob sakana は最初15分ほどアクトして、締めに30分ほどバンドセットで、という構成。バンド編成は期待していたわけだけれど、後ろの音が大きすぎる感はあって、バランス整えてもらえないと聴きづらさがつきまとう。うーん。新曲聴いて、ちょっとよくわからん、と思うのは、初見の人もそう感じるんだろうなと考えると、どうなんだろう。今後の展開として、5月にワーナーからメジャーデビュー。でも7月は四周年記念として国際フォーラムホールCでワンマンライブをやるがポニキャンとやるのだと。ん?どういう契約なんだろう。そしてこのご時世にメジャーレーベルに出来ることは何かあるのか。何にせよ、4人のバランスは良いと思うので、新展開に期待したい。ってかツイッターにあげてる中野サンプラザ前のショット、至近ですれ違ったよ・・・いや誰か今日のアイドルが写真撮ってるっぽいけど暗いし終バス間際でバス停探して急いでたので誰だろうとしか思わなかったが、誰も何もお前が今日お目当てで見に行ったグループだよ。





・ 一番惹かれたのはブクガ。 Maison book girl が凄かった。彼女たちはライブハウス向きと思っており、 なのに前回見たときは 低音が響いてヴォーカルが聞こえなくなったこともあり ぴんと来なかったのだが、今回は生バンドではなかったこともあるが そうしたこともなく。 目を離せないステージアクト、粒の揃ったヴォーカル、商業音楽として攻めすぎでギリギリの楽曲。スケール感があり、小さな箱より大きなホールが向いているようだ。

amiinA は今回もパワーを感じた。二人だけど大きく見せる。ニジマス、っていうのね、 26時のマスカレイド は、こじんまりとまとめた感はあれど歌がうまい。清竜人25の夫人たちみたい、との表現が割りと言い得て妙かも。音がいろいろな意味でうるさい今回のイベントでは一服の清涼剤ではあった。

King Gnu は初見。カッコいいしうまいが、若いね。その方向性には、個人的には興味がない。頭で考えた音楽なら、照井氏絡みでの参加だろう siraph のほうが好みだった。ハイスイノナサ+School Food Punishmentというメンバー に納得。ジャズっぽさもあり良いアニメ音楽のサントラっぽくもあり。

tricotゆるめるモ!は、なるほど、という感じ。前者はホールだと傾斜していて見えやすい分、音圧が人で消されないので聴きづらい印象。ナンバーガールっぽい面白さはあるんだけれど。弾むベースが凄い。モ!は、バンド形式じゃないの?現状肯定の歌詞は良いと思うんだけれど、頑張らなくてもいい、というメッセージとライブアクトって究極には相反するから難しそうな気も。


モクシー東京錦糸町

モクシー東京錦糸町

・錦糸町に2日続けて用事があったのでじゃあ宿を探そうかと。 ロッテのホテルも一瞬考えたものの、スターウッドのゴールドメンバーは マリオットのゴールドでもある、ということで新しくできた モクシーを選択。

『モクシー』始動開始!いよいよ東京錦糸町と大阪本町でオープン!|マリオット・インターナショナルのプレスリリース
・ミレニアル世代向けのなんちゃら、というのは日本には向かないと思うがなぁ、その世代日本には少ないし、というのはありつつ。 それでも乃村工藝社 によるデザインは、若向きにしつつも、案外落ち着いていて、そこは日本っぽいというべきか、マリオットっぽいというべきか。 雰囲気は、嫌いではない。まぁ普段マリオットチェーンを使っていて モクシーは初めてという人は、予備知識を持っていかないと面食らうだろうとは思う。

・フロントはバーカウンター。フランクな感じの接客も個人的にはOK。 チェックインは15時から、と聞いていたが早めに部屋が用意されていた。 ゴールド特典のレイトチェックアウトも16時で適用。ただし、荷物の預かりはロッカーをご利用くださいとのこと。ウェルカムドリンクをいただきつつ部屋へ。

・建物はオフィスビルのリノベーション。部屋はビジネスホテルに比べれば広い。バスタブなしだが割り切ればシャワーブースは立派であるし、クローゼットなしで壁につるすスタイルという空間の使い方には提案がある。

・朝食もカンタンながらヌードルバーもあり、ゴールド会員には無料でつくようになった。ユニークだがしっかりしているところはしっかり、という安心安全な若者向け。そういうのが本当に若者に支持されるのか、というのは思わなくもないが。なお立地は錦糸町に近いが丸井裏でJRAと亀戸ぎょうざを抜けた先、なので風俗系のビルの前を通ることになる。なのでまぁこういうスタイルのホテルは似合っているのかも。

・わかったうえで泊まれば快適で面白い。が。値段がこなれてない。今回は予定があって宿を探したので、安く泊まれる日を選んだわけではないということもあったが、1.8万という価格は、曜日の違いはあれど前日に同額で他のホテルに泊まったばかりだったので、それはさすがにないだろうと。許容額は上限1.2ってところかなぁ、1万円以下で泊まれるなら喜んでという感じ。とりあえず面白くはあった。嫌いじゃないです、こういうの。


ライブ・ビューイング ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo 〜バレンタイン DE NIGHT だぁ〜Z 2018「表」ラジオなのに映画館で見れちゃうの



●ライブ・ビューイング ももいろクローバーZ ももクロくらぶxoxo 〜バレンタイン DE NIGHT だぁ〜Z 2018「表」ラジオなのに映画館で見れちゃうの

・マンガ読めてないのでレビュー後回しですみません。ももクロバレイベ2日めは「表」、ですがドラマと茶番劇はありでがっつりライブではない。正直、練り込み不足というか、もう練り込む気もないんだな、ということでファンに甘えたイベントになっているよなぁ、と。ただし、割りと席に近い通路を回る分、席運の良かったファンは至近で見られるイベントではある。

・それと、茶番はともかく、ソロコーナーがあるのは楽しい。それにしてもソロコーナーとなると、あーりん部分の盛り上がりは頭抜けている。毎度凄い。

・基本的には前日の「裏」でやった曲は今日もやる、という、そりゃ4人にパート替えフリ替えしたらそうなるわな、という流れ。聴きたい曲ランキングは正直あまり面白みがなく。「Z伝説」はまだできない、と。ブルー、あ、グリーン、あ、となると…ということで。

・ゲストとして呼んできたのは小林克也氏。なんでやねん感もありつつ、ラジオDJ講座が始まり、これは「 ももクロくらぶ」というより「ハピクロ」ではないのかこの企画…


| 1/51PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile





ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM