西連助/白星のギャロップ


白星のギャロップ 1 (裏少年サンデーコミックス)

■ワケありな才能がその道のトップを目指す類の話の競馬もの。競馬だけを描くわけにはいかないのはわかるが、そのために用意したテーマがナイーブにすぎる。

競馬ものなのでオススメしたいのは山々で、内容も面白くはあるのだが、 題材が少々時代がかっている。絵もやや躍動感には欠けるか。ただし止め絵としてみれば格好いいカットは多々。


栗東トレーニングセンターに併設された乗馬苑で乗馬をしている中学生。彼は競馬学校に行かないかとスカウトされる才能の持ち主であり本人も馬が好きなのだが、彼は競馬が嫌い。母親はパート先で倒れてから鬱状態で家におり、見るのは競馬中継だけ。彼がチラシ折に配達のバイトをし、母子家庭の手当と、貯金の切り崩しで生活している。母を置いて全寮制の競馬学校に入学するという手はない。


しかしそんなある日、母が家で倒れ、そしてそのまま亡くなってしまう。 そこへやってきた祖父母から、父親が競馬の騎手であると聞く。いや、確証はないらしいのだが。母がずっと応援してきた騎手がそうなのだろう、 と気づいた彼は、競馬学校へ進学することを決める。そして おそらく父親であるトップジョッキーをその座から引きずり落とす ことを目標に定めた。


という具合に、話は古風。いつの話のつもりなのか。ただしここからは競馬学校物語に。騎手二世や調教師の息子もおり久々の女子もいる。一方で素人も。主人公は当然乗れるほう。基本冷たいが面倒を見ないでもない。 そして馬には優しい。しかし、なぜ馬が好きなんだ?と問われて考える。 何がきっかけなのだろう。自問しているところで、彼の騎乗フォームが 件のトップジョッキーそっくりだと教官に指摘される。


二巻への引きはばっちり。競馬は好きであるし、 競馬学校話は面白いので当面は読み続けたいが、 テーマがテーマだけにオススメは保留で。 まぁでも子供が進路を選ぶ、決めるとなると、 相応のきっかけは必要なのかもしれない。 流されただけでは耐えられない場面も来るし。


【データ】
西連助 (にしれんすけ)
白星のギャロップ
【初出情報】裏サンデー(2016年) 【発行元/発売元】小学館 (2017/8/18) 【レーベル】裏少年サンデーコミックス 【発行日】2017(平成29)年8月23日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→白星のギャロップ 1 (裏少年サンデーコミックス)
騎手を目指す少年たちの青春譚!!
「俺は競馬が大嫌いなんだ―――」 乗馬苑内で期待の星であるにも関わらず、 苛烈なまでに競馬を憎む少年・森颯太。
彼が夢見るのは一つ、トップジョッキー・藤宮将二をその座から引き摺り下ろす事であった―――
ジョッキーを目指す少年たちの青春群像劇!!
【編集担当からのおすすめ情報】 競馬を描いた作品は数ありますが、本作ならではの部分は「競馬学校から描いている」点です。 騎手になるための厳しい戦いや、肉体面、精神面での鍛錬を通して仲間ができ、成長していく… 王道の展開ながら実際の競馬 「俺は競馬が大嫌いなんだ―――」 乗馬苑内で期待の星であるにも関わらず、 苛烈なまでに競馬を憎む少年・森颯太。 彼が夢見るのは一つ、トップジョッキー・藤宮将二をその座から引き摺り下ろす事であった――― ジョッキーを目指す少年たちの青春群像劇!! 【編集担当からのおすすめ情報】 競馬を描いた作品は数ありますが、本作ならではの部分は「競馬学校から描いている」点です。 騎手になるための厳しい戦いや、肉体面、精神面での鍛錬を通して仲間ができ、成長していく… 王道の展開ながら実際の競馬


■当サイトの月間オススメはこちらから

田丸鴇彦/みなさまエト・ヴ・プレ?


みなさまエト・ヴ・プレ?1 (角川コミックス・エース)

■全体的に雑なんだけれども、種目や主人公の設定は面白い。

理不尽なことが多く誰かの言いなりになることあかっこ悪くて 許せない女子高生がヒロイン。彼女は学校で、フェンシング の練習をする人物を見かけて鳥肌がたち、熱い思いがたぎってくるのだった。


という話にはじまるフェンシングもの。ヒロインの才能は、見たらそれをコピーできる、真似できることと、運動神経の良さ。ただ、いまどき それだけではスポーツ漫画を作るのに材料が足らない。ということで いろんな要素を突っ込んでくるが、カドカワ作品ゆえかその材料が 盛りだくさん。も少し整理して頂いたほうがよろしいのではないかと。


過去にフェンシングを志そうという話があったのか子供の頃の話が出てくるのと、主人公は父親に何かありそうなこと、主人公は同級生たちに目をつけられていてそれが学長の娘だかでフェンシング部にも妨害があるようなないような、フェンシング部はそもそもいざこざあって部員が退部して廃部寸前。さすがにネタが多すぎると思ったか最後の廃部云々の話は早々に回収。まぁ登場人物を絞り込む上での設定だったのだろうが、それにしては雑。


フェンシング部員の唯一の男子の扱いも軽いのか重いのか微妙。学長の娘との関係性も、それ話に必要なの?と思いもする。ただ、一方でフェンシング自体はきちんと描いてくれるなら面白そう。とはいえその辺もさらっとした感じで、競技としての魅力を描くよりも余計な話が多すぎる。本当は頑張って競技を描いてなんぼだと思うのだが。 続刊発売済。 → みなさまエト・ヴ・プレ?2 (角川コミックス・エース)


【データ】
田丸鴇彦 (たまるときひこ)
みなさまエト・ヴ・プレ?
【初出情報】 【発行元/発売元】KADOKAWA 【レーベル】角川コミックス・エース 【発行日】2017(平成29)年8月10日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ みなさまエト・ヴ・プレ?1 (角川コミックス・エース)

極めろ、騎士道! 女子フェンシング青春譚開幕!!!
カラオケ、ゲーセン、目的のない自堕落な日々をおくる女子高生の桑原千花。ある日、偶然に体育館で見たフェンシングの練習風景。“胸がドクドク熱くなる”、それは彼女を騎士道へと導く、運命の出会いだった──。


■当サイトの著者他作品レビュー
田丸鴇彦/いつも隣に宇宙人。
■当サイトの月間オススメはこちらから

明日乃隆/老人の町


老人の町(1) (ヤングマガジンコミックス)

■いろいろな設定を混ぜ込みすぎて面白くなくなってしまった一作。

超高齢化と過疎化が進み、その結果、老人の町をキャッチフレーズと した町。そんな町で高齢者を狙った事件が急増。 最近起きた事件では殺害され心臓を抜き取られているという。


・・・そんな事件がある時点で普通の話におさまるわけがないのだが、 本作はその老人の町で暮らす若者を主人公にする。観念的で 未来が見えていない若者たち。中には老人狩りをする連中もおり、 彼らの正体に気づいた主人公は仲間に引き込まれてしまう。


という話が走る一方で、例の老人が殺され心臓が奪われる 事件が続発。その犯人は明らかに人間的なものではない。 ・・・この要素を混ぜ込んで一つの物語にしようと 考えたのは凄いが、その結果がとっちらかったこの作品では 読者は頭を抱える他ない。


この手のレベルの作品が最近の講談社は多いがレーベル管理もそうだが いっそ別会社を作ったほうが本流の作品について風評被害を受けずに済むように思うのだが。カドカワみたいになると、出版社としての 信頼性が落ちるので。発行点数多く玉石混淆の版元の発行物は、 買うのに慎重になりますゆえ。


【データ】
明日乃隆 (あすのたかし)
老人の町
【発行元/発売元】講談社 (2017/8/4) 【発行日】2017(平成29)年8月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★
■購入:
amazon→ 老人の町(1) (ヤングマガジンコミックス)
「老人なんて、この世に要らない」少子高齢化がエスカレートし、老人だけがエコヒイキされる町で、無気力に生きる高校生4人組。しかしそんな日常を破壊するかのごとく、突然、老人を襲う武装集団が町に現れた。若者たちにとってその暴力は正義なのか?カネと命を奪う、ただの悪なのか?アナタの良心を抉る超問題作、ここに開幕!


■当サイトの月間オススメはこちらから

長門知大/将来的に死んでくれ


将来的に死んでくれ(1) (講談社コミックス)

■百合系の設定を徹底的にギャグ・コメディに仕立てて それを講談社で出す、という、いいのか悪いのか悩ましい作品。 面白くないことはないのだが。

クールな女子高生にお札渡して迫るのは、 同級生のかわいい女子。なにか知らないがひたすらに やらせろと迫るほぞっこんらしいが、 それをばっさばっさと冷静に切りまくる。


が、それだけでは展開のしようがないが、 デートしよう、という提案は受けるので 話として転がる余地ができる。 またそこに斜め上からの提案があって、 それをいなして、という形の話は、 漫才というかコントのよう。


コントチックな作品は嫌いではないので 本作もつまらないことはないのだが、 初期設定だけで突っ走る練り込みの少ない作品なので、 取り立ててどうこう言うことがない。 2巻刊行済→将来的に死んでくれ(2) (週刊少年マガジンコミックス)


【データ】
長門知大 (ながとちひろ)
将来的に死んでくれ
【発行元/発売元】講談社 (2017/4/7) 【発行日】2017(平成29)年4月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★
■購入:
amazon→ 将来的に死んでくれ(1) (講談社コミックス)


■当サイトの月間オススメはこちらから

早川パオ/まどろみバーメイド


まどろみバーメイド 1 (芳文社コミックス)

■美人バーテンダーもの、だが一人で屋台のバーで 流しっぽい設定にしたのは、浮世離れしているが類似作ないので吉かも。

公園沿いになぜか屋台。そこには酒がいっぱいならび、女性バーテンダーが カクテルを作っていた。


綺麗な絵で綴るカクテルもの。絵になる。ヒロインは女性三人で同居している様子で、三人ともどうやらバーテンダー。ただしノラ状態なのはヒロインだけ。彼女の店に酒に詳しいという男性がやってきて、焼酎で作るカクテルを頼み、村雨をシェイクしてカクテルグラスで出してくることにつっかかるもその味の旨さに感動するという流れ。上機嫌に翌日も訪れようとするが屋台は既になかった、というキッチンカー的な移動屋台話に。


あれ?でも定住している家はあるんだよね・・・そして営業許可的なものってどうなってるのかな、など疑問はありつつも、その辺はすっとばして話は展開していく。人情的な話に寄りつつあるのが、正直どうだろう、もっとすっとぼけた話のほうが良いのではないかと思うが、絵が綺麗なのでさらっと読ませる。


【データ】
早川パオ (はやかわぱお)
まどろみバーメイド
【発行元/発売元】芳文社 (2017/7/14) 【発行日】2017(平成29)年8月15日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★
■購入:
amazon→ まどろみバーメイド 1 (芳文社コミックス)
屋台バーで最高の一杯を。気鋭イラストレーター・パオの初コミックス! 美麗カラーページ収録!! 月夜に現れては消える気まぐれな屋台を営む女性バーテンダー・雪。風変わりな彼女の作るカクテルは誰かの心に忘れられない味を残す。


■当サイトの月間オススメはこちらから

柞刈湯葉、新川権兵衛/横浜駅SF


横浜駅SF(1) (角川コミックス・エース)

■ 駅が増殖している、というハードSF、というかSFか?これ・・・と 思ったら「Station Fable」って、寓話かい。 題材はチャレンジング。ただその分、あちこちに無茶が来ているような。

横浜駅が自己増殖をはじめて二百年、「1415番出口の下りエスカレータ下に 築かれたコロニー」に生まれ育った少年の物語。 コロニーは駅が排出する廃棄物により生計をたてている。 そして駅から弾かれてくる 者たちがたまにおり、彼らエキナカの人間により 知識も運ばれてくるのだった。


そのエキナカから逃げてきた者から、 キセル同盟という組織が 自動改札と対決している、横浜駅から人間を解放すべく戦っている リーダーを助けてやってくれ、との遺言を少年は受ける。 駅構内を行き来するには体内に埋め込まれるスイカというものが必要だが、少年には スイカがなくてもエキナカを自由に歩ける 18きっぷなるものが渡されるのだった。


彼は一人、エキナカに潜入する。が、彼の地元近辺には、人が誰もいない。 構内にはエレベータが勝手に生え、それを見つけた人間が勝手に管理している、という。 構内ではスカイネットというネットがあり、スイカ認証が必要な有料会員と CM動画が流れる無料会員とにわかれ、後者を使うしかない主人公はたいした情報を得ることができない。目指すべき42番出口はその在処も不明。経路も不明。食事に硬貨を使ったが 構内ではスイカでの決済が必要なようで、無銭飲食扱いとなり、駅員に拘束されてしまう。 エレベータを管理する大企業やヤクザと同様、駅員も何かにつけて税金を要求してくる ろくでもない連中である、と。


かような、SFのような、いや、そうでもないような話が展開していく。 意志をもって成長を続けていく駅、というのはSFのようだが、 出てくるのはそれを活用している人間たちの話にみえる。 自動改札はあまり何も判断しているようにも動いているようにも見えない。


主人公はエキナカのことを何も知らない。 なので、話を進めるためには、内部を知り彼に協力する者が必要になる。 ということで、増殖する横浜駅を阻む存在である北海道の駅に 関連する組織の者がスパイとして活動しているところで彼と出会う展開に。 しかし、よくわからない話を、さらによくわからない設定で乗り越えるという 流れなので、これ、ハードSFである必要あるのかなと思ってしまう。 まぁその辺は続刊でどうするかというところで。そもそもSFはStation Fable の意味のようであるし。


なんやかんやで甲府へと移動。どうもこの世界では鉄道というものは衰退していると。 でもその古い技術、レガシーを使うことで彼はエキナカをハッキングしていく。 うん、その展開なら、もっと新しい世界の姿を見せる必要があったと思うのだけれど。 しかし主人公はその新しい世界を知らないわけだから、説明もしようがないし、 そうした場面もない。設定がなんかおかしいんじゃないかな、これ。 とは思うものの。まぁ変な話ではあり興味深くはあるので続刊は気になる。  原作はこちら→横浜駅SF【電子特典付き】 (カドカワBOOKS)


【データ】
原作=柞刈湯葉(いすかりゆば)、 漫画=新川権兵衛 (しんかわごんべえ)
横浜駅SF
【発行元/発売元】KADOKAWA / 角川書店 (2017/8/10) 【レーベル】角川コミックス・エース 【発行日】2017(平成29)年8月10日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 横浜駅SF(1) (角川コミックス・エース)

絶え間ない改築の続く横浜駅が、ついに自己増殖を開始して二百年後の日本。駅が人間を支配する社会「エキナカ」に「18きっぷ」で侵入した外界出身の主人公・ヒロトの旅を描く、話題沸騰のSF大作がコミック化!


■当サイトの月間オススメはこちらから

藤代百/45分間の魔法使い


45分間の魔法使い 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

■魔法使い教育もの。離島系のんびり話でもある。

離島の女の子たちの前に、空からホウキに乗った女性が降りてくる! 学校では新たな科目として「魔法」が導入され、 転校生も含めた学年の4人はその授業を受けることになる。


空を飛んでいた女性は勿論その教科の教師で、 転校生は実は彼女の姪。 まだ魔法を教えられる教員は国内に二人だけ。 少人数相手に、秘密裏に教育をできるのがこの離島という 環境ということで、選ばれた場所なのだった。


少人数学園ものと、じっくり教える教育もの、 という話を魔法という題材で繋いだ一作。 丁寧でよい、のだけれど。 後半になると絵や話がぼやっとしていくような。


終盤では合宿というイベントを持ってきたが、 その前にお泊りイベントを入れるのでは 重複感ありすぎでは。しまいには 新しいキャラクターを登場させてちょっと謎をもたせて巻またぎ。 まぁプロレスのような展開だろうことは想像できますが・・・。


ということで続きは2巻で。8月発売済です→45分間の魔法使い (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)


【データ】
藤代百 (ふじしろひゃく)
45分間の魔法使い
【初出情報】まんがタイムきららフォワード(2016年〜2017年) 【発行元/発売元】芳文社 (2017/1/12) 【レーベル】MANGA TIME KR COMICS 【発行日】2017(平成29)年2月15日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 45分間の魔法使い 1巻 (まんがタイムKRコミックス)

一学年に4人しか生徒のいない、離島の小さな中学校に通う草房茅子。二年の春から、新たな授業科目“魔法”が導入されることが決まり、少し不思議な学校生活が幕を開ける…!?“魔法×離島のゆる〜い日常”のゆるやかコメディー、第1巻!



■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/620PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM