間瀬元朗/粘菌人間ヒトモジ


粘菌人間ヒトモジ 1 (ビッグコミックススペシャル)

■SFのように見えるがその部分は 仕掛けにすぎず、結局よくある人情ものの変形に見える。

ヒトモジホコリという粘菌の胞子に感染した保菌者は 強いストレスを感じることで発症し、 頭部を残してアメーバ化してしまうという。 その後、硬化をはじめ、子実体上部の胞子が破裂飛散すると 発症者は死亡する。そんな病気が存在するという設定の作品である。


この症状に陥った患者と、救助にかかる粘菌ケアコーディネーター が主役。この病気がなぜ蔓延したのか、は放射能が原因らしいという 説も紹介するが真相はわからず、ということでそこには深入りせず。 バイオホラー、と謳ってはいるのだが、なんかこれ、架空の病なだけで、 ふつうの病気感染ものではないのか?という気がする。


いや、それでも、実在の病気でないので、真偽や風評被害を気にしなくてよい という利点はある。その病気がどういうものなのか、を作りこめるのだから 寧ろ実在の病気を取り上げるよりもフィクションに向いている。


なお本作で秀逸なのは、アメーバ時に発症者のストレスを軽減することができれば、 発症者は変形前の綺麗な身体で生還できる、という設定を付加していることである。 とはいえそれはご都合主義と表裏である。 その点で、SFっぽい設定ながらご都合主義とのせめぎあいであった 「 イキガミ 」と似ているのかもしれない。と、ここまで書いて気がついた。 著者の「 デモクラティア 」紹介しよう、しよう、と思ったままレビューしないでいたら完結してしまったのか・・・。 いや、著者の作品は、なんか、レビューしづらいんだよね。本作も同様。 それは、どこを目指そうとしているのかが判然としないので、なんとも書きづらいのである。 それが魅力ともいえるのだが。


【データ】
間瀬元朗 (ませもとろう)
粘菌人間ヒトモジ
【初出情報】ビッグコミック(2016年〜2017年) 【発行元/発売元】小学館 【レーベル】ビッグコミックススペシャル 【発行日】2017(平成29)年7月5日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 粘菌人間ヒトモジ 1 (ビッグコミックススペシャル)
心解き放つドラマティック・バイオホラー!
ストレスを溜め込み、粘菌人間へと変質した発症者。はたして発症者は「生還」するか「死亡」するか。粘菌人間になり、生きるか死ぬかの瀬戸際に立たされた人間の“生きざま”を鋭く描く人間ドラマが今始まる!!
【編集担当からのおすすめ情報】 作者の過去作『イキガミ』は、単行本累計350万部以上を売り上げ、フランス始めヨーロッパの賞を総ナメし、映画化もされました。 本単行本では、連載時のカラーページを意欲的に所収。 コミックスのカバーには、粘菌が立体的に再現され、作品世界のリアルさを感じさせる装丁になっています。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 間瀬元朗/イキガミ

■当サイトの月間オススメはこちらから

川原泉/バーナム効果であるあるがある


バーナム効果であるあるがある (ヤングアニマルコミックス)

■「〜がある 」シリーズ最新作、なのだが、え?巻またぎなの?

レナード現象には理由がある (ジェッツコミックス)」「 コメットさんにも華がある (ジェッツコミックス)」に続く 最新刊。進学校である彰英高校を舞台にしたシリーズである。


校内に建つリトル・グレイの銅像が話に絡むのが表題作。 んー、まぁ、ファンサービスと見るべきなのかねぇ。 で、掲載の順番だと「アルマジロにも意地がある」 なはずだが、掲載は「これからわたしは武士になる」、 弓道部に入る落ち着きのない女子の話、だが、なんか説明が多いわ、 しかもTo be continuedって、え?オチがないの? なんかもう、著者は、電子版のサブスクリプションシステムで 月刊川原泉的なものを出すほうがいいんじゃないかと思いつつ。 しかしジェッツコミックスでなくヤングアニマルコミックスなのか・・・ もうジェッツってレーベルはないのね。


巻末の描き下ろしで骨折エピソードがあり、 そちらのほうが読者としては気になったところ。 なお原画展のイベントが開催されている様子。→ 2017年川原泉祭開幕!2冊同時発売! _ 白泉社.html


【データ】
川原泉 (かわはらいずみ)
バーナム効果であるあるがある
【発行元/発売元】白泉社 【レーベル】ヤングアニマルコミックス 【発行日】2017(平成29)年7月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ バーナム効果であるあるがある (ヤングアニマルコミックス)
川原泉6年ぶりの新刊コミックス! 彰英高校バレー部の真世と事務長の鷹彦、そして謎の火星人・ルルーニュの不思議な交流を描いた「バーナム効果であるあるがある」、そして弓道部に入部した新入生・凜さんを描く「これから私は武士になる」の2編を収録。 2017年7月刊。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 川原泉/レナード現象には理由がある

■当サイトの月間オススメはこちらから

西義之/ライカンスロープ冒険保険


ライカンスロープ冒険保険 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

■冒険ものをテーマにしながら、保険業という異質なところに スポットをあてたのは流石。

魔王が出現し冒険者が普通となった時代。 冒険者の負傷や急病に行方不明、アイテムの盗難破損に金銭トラブル、 パーティの全滅が急増する事態に。それを支えるために 生まれたのが、冒険保険だった。


冒険保険屋のお話。ちょっと頼りなさそうな社長と、 ナイスバディだが用心棒の部長との二人組。 部長は社長のことが好きで、社長も部長のことを頼りにする ナイスなコンビ。彼らは依頼主が嘘をついていないか を見抜き、実は社長も凄腕の魔法使いあがりで、 冒険者を救う仕事だけあり彼らの仕事は万全。


ということで、主役の仕事の設定は絶妙で目のつけどころは素晴らしい。 ただ、保険業ということで脇役なので彼らの活躍には限度がある。 彼らは苦境に立たされないので、話の動かし方にも制約がつく。 なので終盤では過去の話だ敵らしき存在だのを投入してきており、 物語として面白くなるのは続刊以降か。1巻はまだ顔見世段階。 もう少し展開があったらオススメになるんですが。


【データ】
西義之
ライカンスロープ冒険保険
【発行元/発売元】集英社 (2017/4/19) 【レーベル】ジャンプ・コミックス 【発行日】2017(平成29)年発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ ライカンスロープ冒険保険 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)
魔王の出現により、光と闇に分断された世界。人々の中には、人類の生存領域を拡げるため異形(モンスター)たちの支配する闇に踏み込み、戦うことを生業とする者たちが現れた。その世界で、常に危険と隣り合わせの冒険者たちをサポートすべく“冒険保険”を営む社長と、彼を支える部長のコンビが奔走する異世界“保険”物語(ファンタジー)、開幕!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 西義之/魔物鑑定士バビロ
【オススメ】 西義之/ぼっけさん
西義之/ムヒョとロージーの魔法律相談事務所

■当サイトの月間オススメはこちらから

バコハジメ/血と灰の女王


血と灰の女王 1 (裏少年サンデーコミックス)

■世紀末*ヴァンパイアもの、ちょいグロとちょいエロ風味あり。

富士山が噴火した未来の話。高校も半日授業。少年はそんな中、 絵を描いている。それに付き合う友人。


家に帰るとネコが一匹いなくなっており、それを搜しにいく主人公。 見つけた、と思ったところで、刃物をもった男が現れる。彼を制圧 しようとしたところで男は変身。為す術なく彼は痛めつけられる。 腕はちぎられ、顔も削られる。 が、そこに少女が一人。彼女は主人公に「大丈夫よ。/アンタは死なないわ。 」と語りかける。


近未来災害ものかと思いきや世紀末感は装飾で、 実質はヴァンパイアもの。ヴァンパイアの覇権を競う話、 ということで、世界観が狭く、やや残念。 ヴァンパイアは切られても身体は修復される設定なので、 その分身体がバラバラになるようなグロテスクなシーンが多い。


主人公はヴァンパイア初心者、ということで 彼を導くメンター的存在としてチームを作ろうとする 先輩が登場。それを女性にすることで エロチックな要素も付加。ヴァンパイアっていうかサキュパス 的な絵に見えてどうなんだと思わなくもないが。


心がきれいな主人公がどうやって力をつけ生き残っていくのか、 という話であるが、ヴァンパイアの覇権争いという定番バトルものな レールの上でさらに指導役まで存在している物語なので 新奇性を感じない。 続刊発売済 → 血と灰の女王(2) (裏少年サンデーコミックス)


【データ】
バコハジメ
血と灰の女王
【初出情報】裏サンデー(2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2017/5/12) 【レーベル】裏少年サンデーコミックス 【発行日】2017(平成29)年5月17日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 血と灰の女王 1 (裏少年サンデーコミックス)
ランキング1位!刺激的ヴァンパイアホラー
富士山が噴火して以来、日本の、そしてこの街の夜が一変した―― 火山灰をかぶった一部の人間達は驚異的な力を誇る闘争型ヴァンパイアとなり血で血を洗う殺し合いを開始!トップに立った者は全世界を支配するルールの中で、落ちぶれた令嬢・ドミノが這い上がる!!
閲覧注意のダークホラーバトル、開幕!!!!!!!!!!!!
【編集担当からのおすすめ情報】 日本一のコミックアプリ『マンガワン』の男子向けランキングで1位を獲得!表現コードギリギリの筆致で描く超刺激的ダークバトル、大注目の1巻です!!(小学館・瓜生昭成)


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 バコハジメ/ドリー・マー

■当サイトの月間オススメはこちらから

玉井雪雄/本阿弥ストラット


本阿弥ストラット(1) (ヤングマガジンコミックス)

■ 目利きの人間が人を見抜き、使っていく。が、狐と狸の化かし合いな 感もあり、一本調子でないのが上手なところ。

本阿弥光悦の玄孫だという人物が主人公。 彼は船底に繋がれているが、絶望はしていない。 そこは人買い商人の奴隷船。他の人々の気配を感じ、 彼らに色々な言葉を投げかけていく。すると 皆は彼に興味を持ち、彼の言葉に少しずつ惹かれていく。


口八丁手八丁という感じの主人公だが、 人の器を目利きして、それを進むべき方向に導くという話。 では彼がトリックスターなのかというと、 彼視点で話が進むので、そういうわけではない。


奴隷とされているのは、共同体から捨てられた棄人、 逃げ帰る場所も逃げる気もない人々が殆ど。 一方で元船乗りだという人物もいる。 他には自分の殻を抜け出したいと思っている者や、 逆に自分の殻がない者も。 そうした者を転がしながら動かしていく話だが、 自分の器は見ることができない、という点が肝か。


いろいろと動かし面白そうに見せるのだけれど、 奴隷船の船底から始まる話というのが恣意的で、 なぜそこから始まるのかの説明が脆弱。 なので読者が話にそもそも入り込みづらい。 畳み掛けるように進む展開は読ませはするのだけれど、 遠くの物語を眺める感が否めず、 テクニックのある人が練り込まないままに話を始めてしまった ような印象を受ける。実在した著名人の話というなら この導入もまだわかるのだが。 一巻は相応に面白いけど、 続刊買う気があんまり起きない。


【データ】
玉井雪雄 (たまいゆきお)
本阿弥ストラット
【発行元/発売元】講談社 (2017/7/6) 【発行日】2017(平成29)年7月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★
■購入:
amazon→ 本阿弥ストラット(1) (ヤングマガジンコミックス)
徳川家康が一目置いた刀剣の目利き・本阿弥光悦の玄孫・光健。目利きの才は受け継いだが、彼が見るのは「人の器」。どんな土でもひねり方次第で名器に生まれ変わる。奴隷船で売られていく「棄人(ふてびと)」たちが、光健の目利きで生まれ変わり、ある冒険へと旅立つことに!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 玉井雪雄/ケダマメ
玉井雪雄/かもめ☆チャンス
玉井雪雄/OMEGA TRIBE KINGDOM

■当サイトの月間オススメはこちらから

きらたかし/ハイポジ


ハイポジ(1) (アクションコミックス)

■魂が30年前にタイムスリップ、 80年代の高校生活を描く作品。 だが冒頭の設定は必要なのだろうか・・・。

表紙はカセットテープを持つ少女、 ページをめくるとマクセルのカセットテープを ウォークマンに入れてヘッドフォンで聴く少女が カラーで描かれる。見開きのタイトルページの 絵はその風が鈴木英人タッチ。


と思いきや場面は転換、禿げたおっさんが 頭の中で「翼の折れたエンジェル」がぐるぐる 回りながら、風俗店でサービスを受けている。 妻には離婚を宣告され、会社には2週前にリストラされていた 彼は、素股サービスを受けている最中に非常ベルが鳴り、 火事が発生したことを知る。煙が充満するなか、 彼はそのまま気を失ってしまう。


そして、彼が気づくと、そこは、高校。 自分の高校時代、1986年に魂だけタイムスリップしたのだった。 という話。実は後に妻になる相手も同じ高校にいる。 ただし接近したのは同じ就職先で再会してから。 一方、高校時代に憧れだったが喋ったこともなかった 同級生の子もいた。勇気をだして、あの頃の俺ができなかったことを してやろう、と一人ウォークマンで曲を聴いていた彼女に 何を聴いているの?と問いかけてみる。すると聴かせてくれたのは、 中村あゆみの「翼の折れたエンジェル」だった。


実名でブランドや商品が出て来るノスタルジックな作品。 記憶を持ったままの中年が過去の青春をやり直す、 という話はそう珍しいものではない。 一方で風俗店で裸のまま死ぬというか気を失うという 冒頭は、やりすぎという感じもしつつ、 『漫画アクション』でやるからにはそれくらいのくたびれ感や 汚れが必要なのか、読者を考えると主人公くらいの 設定がジャストフィットなのか。ちなみに 作中で主人公の部屋にある漫画雑誌は『少年サンデー』である。 なんでもありやね。


当時の風俗を描くという方向で展開するなら面白そうだが、 所詮高校生なので生活範囲は広くない。おっさんがおっさんの 視点で色々考えていくならユニークさもあるだろうが、 高校生活を満喫するだけであれば、他の同類の作品と 何がどう違うのか、という話になってくる。 興味を持たせたければ、現実世界というか そもそもの世界での主人公はどうなっているのか、 を読者が気にするものにすべきなわけだが、 うーん、この主人公に共感は、ちょっとねぇ・・・。


時間的な制限など何かしらのサスペンスというか 制約条件を設定していないために、 読者が何に注目して読むべきか分からない代物になっている。 まぁそれでも女子のキャラクターは可愛いし話は相応に面白くは あるのだけれど。でもアクションレーベルの作品なら、 もう少し仕掛けが最初から欲しかったところ。 なお主人公の気になっている子の名前が小沢さつきってのも、 その世代の一文字違いのアイドルを思い出す。


【データ】
きらたかし
ハイポジ
【初出情報】漫画アクション(2017年) 【発行元/発売元】双葉社 (2017/6/28) 【レーベル】ACTION COMICS 【発行日】2017(平成29)年6月28日第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ ハイポジ(1) (アクションコミックス)

妻に離婚を切り出され、会社もリストラされたお先真っ暗の俺は46歳。 どこでこんな人生になっちゃったのかな――と思うや否や、 16歳の自分の中に。時は1986年――。セピア色だった思い出がカラフルに輝きだした――。 『赤灯えれじい』『ケッチン』『凸凹 DEKOBOKO』を放ってきた 青春マンガの名手が贈る新たな物語、始動!!


■当サイトの著者他作品レビュー
きらたかし/凸凹 DEKOBOKO
きらたかし/ケッチン

■当サイトの月間オススメはこちらから

玉置勉強/パフェが好きでもいいじゃない


パフェが好きでもいいじゃない(1) (ビッグコミックススペシャル)

■パフェ紹介漫画、だけで良かったんじゃないかな・・・。

サッカーの場面から始まる話。でも躍動感がないのでこれは、 演技かあるいはコメディシーンなのか・・・と思いきや、 ヒロインは女子プロサッカーの2部リーグのチームで キャプテンをしているという設定で、これ、本気で サッカー描いたつもりなのか、と衝撃を受けた。


で、そんな彼女が色々悩みつつ、趣味であるパフェめぐり をする、というお話。エピソードの構成は毎度同じ。 で、この話の肝は何なのか?というと、 実在の店を訪れてパフェを食べているのだった。 要するに、パフェ紹介漫画という、グルメものの亜種なのだった。


動きのあるシーンを描けないなら前半部分要らなくないか? という以上に、サッカー割りとどうでも良くないかこれ。 ということで、中途半端。まぁそう思うならレビューしてやるなよ、 って話も重々承知なのだが・・・。他に新作読めてなくて レビューするものないんだゴメンナサイ・・・。


【データ】
玉置勉強 (たまおきべんきょう)
パフェが好きでもいいじゃない
【初出情報】月刊!スピリッツ(2016年〜2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2017/6/12) 【レーベル】ビッグ スピリッツ コミックス スペシャル 【発行日】2017(平成29)年6月17日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ D(問題) ■続刊購入する?→★
■購入:
amazon→パフェが好きでもいいじゃない(1) (ビッグコミックススペシャル)
女子プロサッカーチームの頼れるキャプテン・伊勢裕香。 普段はチームをバチバチ引っ張る大黒柱だけれど、 女子だもの、時にはちょっと甘えたい… そんな彼女を唯一癒やしてくれるのは…そう、パフェなんです!!
日々のプレッシャーとストレスをパフェで吹き飛ばせ!! 新感覚スイート・パフェ・コメディー!!


■当サイトの著者他作品レビュー
玉置勉強/猫まち主従
【オススメ】 玉置勉強/親父の愛人と暮らす俺
坂井音太、玉置勉強/ちゃりこちんぷい
玉置勉強/彼女のひとりぐらし
【オススメ】 玉置勉強/ねくろまねすく

■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/619PAGES | >>

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM