ウェルザード、小倉祐也/命を分けたきみと、人生最後の夢をみる


命を分けたきみと、人生最後の夢をみる 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)

■設定はユニークだが悲劇寄り、テクニカルに作られた物語という域を出ない。

学校帰りの交差点で信号待ちをしている際に、トラックが突っ込んできて少女は死んだ。 同時に亡くなったらしい少年も傍らに。 頭に輪っかがつき、天へと続く階段が現れ、彼女はそれを登ろうとした。 天使が現れ二人を導こうとしたところ、 およそ一年の余命が残っているという。


この余命を二人で分け合うことにして、彼らは生き返る。 スリルとサスペンスを加えるものとして、 命を分け合った二人は一日に一度会わなくてはならない、 そして生活で幸せを感じると余命を余計に消費してしまう、といった 設定が追加される。


んー、なんで無傷で生き返るの?余命って何?しかもそれが一年? このあたりがテクニカルな上に、さらにテクニカルな設定が付け加えられるので、 作り込みすぎたゲームのような、無機質な感じを受ける。 その無機質な話で、幸せだの、生きる意味だの、というエモーショナルな ものを描こうというのは、ケータイ小説並にシンドい。


ちょっとしたことで幸せを感じて余命を削る少女。 生き返った意味は特になく、寧ろその意味を探そうとしている。 家は大きいが父親は家におらず母親も好き勝手に生きており家庭は崩壊。 一方、 約束がある、とする少年の家は貧乏暮らし、彼は今のところ余命を削ることはない。


幸せとは何なのか、がテーマではあるのだろう。が、 普段の暮らしに幸せを感じていない 少女のほうがちょっとした喜びで余命を削られていく、 というのはちょっとチグハグ。 綺麗な絵で煮詰まっていない微妙な話、というのはジャンプの伝統芸ではあるのだが。


【データ】
原作= ウェルザード、作画=小倉祐也
命を分けたきみと、人生最後の夢をみる
【発行元/発売元】 集英社 (2017/6/2) 【レーベル】ジャンプコミックス 【発行日】2017(平成29)年発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★
■購入:
amazon→ 命を分けたきみと、人生最後の夢をみる 1 (ジャンプコミックスDIGITAL)
ある日、同じ場所で交通事故に巻き込まれ、命を落とした高校生の美奈と大夢(ヒロム)。二人は死後の世界で、どちらかの余命が約1年残っていることを知る。その貴重な時間を半分ずつ分け合い、元の生活に戻った二人だが――受け入れがたい現実に直面した少年と少女が辿る衝撃の運命とは…!?


■当サイトの月間オススメはこちらから

山田鐘人/ぼっち博士とロボット少女の絶望的ユートピア


ぼっち博士とロボット少女の絶望的ユートピア(1) (サンデーうぇぶりコミックス)

■一ページショートもの、科学者とロボットのバカコント風コメディ。 その背景にシリアスさがある、というのも含めて、いま流行りの作風。

ちょっと口の悪い少女と男性の同居話。というか少女はロボットであり、 人間社会を学習中。男性は博士であり、人付き合いは殆どない。 そんな設定で展開する一ページショートもの。


ネームのようなラフ画的なスケッチで、少女はかわいいが無機質、 博士はメガネの影響もあり能面的。画力の問題かもしれない その特質をキャラクターの設定に活かしてみたのは面白い。


漫才コントのような設定だが冒頭の話から世界の状況が示され、 ここは隕石が落下し道の病原体による完全が爆発した後、 つまりは世紀末的状況であることがわかる。 なので、ほぼ人は見当たらない。すれ違うこともない。


そうしたなか、物語は、過去の話と未来への視点を交えて展開される。 ところで、博士は学校時代からぼっちであった、ということなのだけれど、 いやその人は知り合いを超えた友人なのでは?という人物がいるのはどうなのだろう。 とはいえ、ぼっちだった彼が、互いに失うと寂しい存在を手に入れ、 幸せを噛みしめる、という展開は綺麗。綺麗なまま話を終わらせればよかった 気もするが、これは1巻であり、続刊もある様子。


寧ろこの内容でもいいから 続刊なしで完結のほうがカルトにはなったと思うが。昔見た『バーディ』 という映画の最後が、人を食ったようで、なんじゃそりゃと思った覚えが あるのだけれど、巻末にはそんな印象を抱いた。


【データ】
山田鐘人 (やまだかねひと)
ぼっち博士とロボット少女の絶望的ユートピア
【初出情報】サンデーうぇぶり 【発行元/発売元】小学館 (2017/6/12) 【レーベル】サンデーうぇぶり少年サンデーコミックス 【発行日】2017(平成29)年6月17日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ ぼっち博士とロボット少女の絶望的ユートピア(1) (サンデーうぇぶりコミックス)
気づけばいつも孤独だった“ぼっち博士”と、 博士を悪気なく罵りまくる“ロボット少女”。 終わりかけの荒廃した世界に遺されて、 絶望的で幸せな日々を過ごしています。
サンデーうぇぶりで大人気。 せつな楽しいユートピア・コメディー!!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 山田鐘人、岡崎河亮 /名無しは一体誰でしょう?

■当サイトの月間オススメはこちらから

やまさき十三、北見けんいち/釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助


釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助 1 (ビッグコミックス)

■ヤング浜崎伝助。本編冒頭よりも現在のキャラクターに近いのは、見て見ぬふりを するのが大人の読みかた。

テレビ東京でのドラマ版は広瀬アリス嬢が可愛いが最新シリーズでは最後にハマちゃんと みち子さんが結婚する展開で、これはこのあと続かないのだろうか、いやそんなわけないよな と思って気にしているのだが、本作はその原作かというとさにあらず。ドラマでは既に 釣りキチというか釣りバカなハマちゃんだけれども、釣りバカ日誌正史的には 無趣味なまま結婚して結婚後に釣りに嵌まる設定であるので、 釣りバカ日誌と言いながら本作では釣りは出てこない。


時代設定は昭和。昭和47年入社の設定だから、1972年に大卒22歳なら40年以上経っているわけで・・・ まぁその辺のことは考えるなとの話は本編中でも出て来る。 寧ろこれは昭和史に沿って綴られる話であって、昭和の雰囲気を楽しむもの。 一方でドラマがここに寄せずに作られたのは、続けられるドラマにしたいと思ったのなら当然のこと。 このマンガを実写で再現しようとしたらかなり大変。まぁそんな技術もカネも、日本の映像界になさそうですが。


名字はハマザキと濁らずハマサキである、と主張するほかにも 一言多く、それはウィットが飛んではいるが逆撫でもするというのが主人公。 趣味はないが、その中でも目立つキャラクターになっている。 偶然の行動が色々な結果に繋がるという流れは本編同様。


行きつけの喫茶店で女子大生のみち子さんがバイトをしていて、 でも第一印象は最悪、ちなみにそこは社長のスーさんも常連。 ん?社長と顔合わせていて良いんだっけ?オリジナルだと3巻で釣りに行く わけだが・・・。まぁその辺も辻褄は気にせずに、スピンオフはスピンオフとして 楽しめばいいのだろう。 最新3巻刊行済→釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助 3 (ビッグコミックス)


【データ】
作=やまさき十三(やまさきじゅうぞう)、画=北見けんいち(きたみけんいち)
釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助
【初出情報】ビッグコミックオリジナル増刊号(2012年〜2014年) 【発行元/発売元】小学館 (2014/3/28) 【レーベル】ビッグ コミックス 【発行日】2014年4月2日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 釣りバカ日誌番外編 新入社員 浜崎伝助 1 (ビッグコミックス)
昭和サラリーマン讃歌。新入社員ハマちゃん
昭和40年代、ニッポンが高度経済成長でどんどん豊かになっていった時代。それは、ケイタイもパソコンもATMもない時代、営業サラリーマンはこんなにがむしゃらだった!ただ一名、新入社員ハマちゃんを除いて…… 『釣りバカ日誌』のハマちゃんといえば、仕事も出世も二の次で、釣りと愛妻みち子さんに首ったけのイメージが強いと思います。しかしハマちゃんの新入社員時代は、まだ釣りに興味を示さず、将来の伴侶・みち子さんとは出会っているもののまだ恋に発展する気配すらない時代だったのです。 上司の佐々木係長に怒鳴られ、よく顔を合わせるが誰だか分からない老人(実は社長のスーさん)とのニアミス交流をしつつ、どのように釣りに、恋に目覚めるのでしょうか? そしてどんな永遠の平サラリーマンに成長するのでしょうか!?
【編集担当からのおすすめ情報】 昭和42年頃って、モノや生活スタイルや時間の流れがこんなにも違ったっけと思い出す。あなたは当時、どんな生活を送っていましたか?読めば周囲と当時のサラリーマン生活(学生生活)を語り合いたくなる懐かしさ満載のコミックです。


■当サイトの著者他作品レビュー
やまさき十三、北見けんいち/釣りバカ日誌
やまさき十三、テリー山本/あさひるばん
やまさき十三、高井研一郎/プロゴルファー貘

■当サイトの月間オススメはこちらから

佐倉色/とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話


とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話

■漫画家が自分の声をあげる機会があるのは良いことではある。 とは思うのだが。やはり出版すべきではなかったような・・・。

著者が ウェブで描いた漫画が話題になり編集者から仕事の依頼が 来る。漫画以外に仕事もあり忙しいので と断るが、「一年、二年先を見据えてでも お話しさせてください」と言ってきた人がいた。 それは大手出版社の編集者。話を聞くだけ聞いてみようかな、 「・・・と思った当時の私を本気でどつきまわしたい」 そんな出来事がその後に待っているのだった。


著者の経験を綴る実話エッセイもの。 個人的には、ノンフィクションものはフィクションに劣る、 と考えている。実名を出したりモデルが特定できるようなものは 読み物としてはあまりよろしくない。作りものの世界で 実名も出さずに何かを感じさせることこそが作り手側の 仕事だと思っている。なので、特に誰かを 批判非難する内容であると、それは、わざわざ描き出版する ものなのか?と訝しむ。


とはいえ著者は訴えたいことだったのだろう。 漫画家さんに声を上げる機会が与えられるということは 素晴らしい。とはいえ、今はWEBがある時代なので 本の形式でリリースすることにどれほど意味があるのかはわからない。 唯一意味があるとすれば、出版社と編集者が存在し、 著者を守る盾となり作品の校正が出来るということだろうか。 さて、本作で、そうした利点が働いているのだろうか。 働いている場合、実名で、実際に起こった事件を、 描かせようとするだろうか。この作品で批判されている 出版社と編集者の在り方と、本作の出版社編集者の役割は、 本当に違っているのか。いや、著者との関わり合いでは決定的に 違うのだろうが。しかしそれは、読者含む一般の消費者には 実はどうでもよいことではある。


描かれていることは著者にとっての事実、真実なのだろう。 しかしそれが描かれている相手にとっても事実、真実であるのかどうか。 互いに真実がありそれが食い違うのであれば、 裁判になってもおかしくない。そうしたリスクもあることを、 編集者はなぜ描かせようとするのだろう。勿論、著者は自分にとって 本当のことを訴えたい気持ちもあるだろう、事件を知る人は その真相を知りたいとも思うだろう。しかし、どのみち、 誰が何を書こうと、真実事実などは明らかになりはしない。 意見が食い違えば、何が事実なのかは、もう誰にも判断ができない。 だから、本気の人はとことん嘘をつき、ついているうちに それが本当のことであると思い込んでいく。いや、著者がそうだと言っている わけではない。が、ノンフィクションが描くのは、そうした ヤバい領域にある事柄である。それを認識していない、しようとしない、 したくない人は、ノンフィクションに関わってはいけない。 読んで鵜呑みにするような人はそもそも近寄ってはいけないのである。


とはいえ内容は、文字多めではあるが、たしかに面白かった。 著者は描ける人である。一方で色々なことをあからさまにしており、 家庭環境や精神状態まで描かれているのは、これも描写のしすぎだろう、 と編集者の考慮のなさに暗澹たる気持ちになる。そうした芸風の 作家さんもいるにはいるが、著者の場合はそうではないだろう。 著者の力量を考えればそんな芸風をとる必要もない。 まぁリハビリテーションだと思えばよいのかもしれないが、 ちょっとリスクを取りすぎている。


ちなみに、私の乏しい経験でも出版マスコミ系は、自分のしごとが 完了するまでは細かいが、その後のフォローはほんとに適当、 ということが多かった。掲載の連絡とか掲載誌の送付とか 原稿料の支払いとか後始末のケアがいいかげんすぎる・・・。 なのでそうでない方に当たった時はそれだけで高評価になるという効果も。 まぁ著者の経験はそれどころではないわけだが。 本当は、著者は頑張りすぎずに早い時点でNOと突っぱねる べきだったのだろう。まぁそれは外野で俯瞰して見ているからこそ言えることで、 著者本人もそうした後悔をしているようだが、いろいろ自分で 解決してしまおう、飲み込んでしまおう、と思ってしまうから、 抱え込みすぎて辛いことになってしまったように見える。 登場人物にも問題があったのだろう。 直接関係ないが 成人漫画まねたわいせつ事件発生 警察が作者に「配慮」求める? 報道に作者がコメント - ITmedia NEWS に出てくる登場人物は、作者も警察も冷静で、記事末尾にある 小野田きみ議員のフェイスブック記事 も取材途中の内容ではあるが非常に丁寧な報告だった。本件で迂闊だったのは あわよくば火をつけようと報道したマスコミ、といういつもの話になるのだが、フォローアップしたこのITmediaの記事は 一歩引いた視点でよろしかったと思う。ここに出てくるような方々が本作の登場人物であったなら、こんな作品は生まれなかったのかもしれない。


なお本作では、出版社や編集者はあれでも本は買って、買ってくれないと 作家さんが困る、という論調になっている。それは事実であるし著者が良い人だからこそ そういう話になるのだろう。ただ、本作のような話を書くのであれば、そこは、 作家さんは困るけれど問題のある編集者が関わる本や出版社の本は買わないで、 とすべきだろう。漫画家さんには他の出版社という選択肢がある。問題のある 出版社に対しては不買運動をするくらいなことが起こらないと、 著者が受けたようなトラブルは根本的にいつまでもなくならない。 とはいえ、そういう運動を煽る人もそれはそれで胡散臭いと思ってしまうので、 著者がそういう方ではないという点でも同情するのだが・・・。 もうこの件はこれで棚に上げて、一緒に仕事のできる信頼できる相手と 新たな作品を作り上げて欲しいと思います。


【データ】
佐倉色 (さくらしき)
とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話
【発行元/発売元】飛鳥新社 (2017/6/9) 【発行日】2017(平成29)年6月7日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準)
■購入:
amazon→とある新人漫画家に、本当に起こったコワイ話

2016年、ネットを大炎上させた、某巨大出版社とのバトル 一部始終を実名をあげてすべてお見せします!
デビュー作にしてとんでもない担当にぶち当たった漫画家。我慢に我慢を重ねたけれど、 「1600枚、ギャラなしで読者プレゼント色紙作成をお願いします。」と言われ、我慢は限界に・・・・・・。
データ紛失、ネタバレ、ネットでの中傷・・・・・ 新人作家を襲った信じられない出来事を業界を干される覚悟で描きます。


■当サイトの著者他作品レビュー
佐倉色/桜色フレンズ

■当サイトの月間オススメはこちらから

むらたたいち/魔王ビギナーのHow To 世界征服


魔王ビギナーのHow To 世界征服(1) (電撃コミックスNEXT)

■没落した魔王の息子が平和な世界征服を目指して職業訓練校で頑張るコメディ。

勇者との戦いに破れ没落した大魔王。その息子は父の言葉もあり、学園で魔王という 職を学ぶことにした。その学園は職業訓練校。選択職が魔王であることに、同級生たちは 「この不景気に魔王志望かー」「魔王事業ってバクチだべな」「今の世の中 地道が一番だよなー」「熱意だけじゃやってけねーべ」と口さがない。


そんな主人公が、平和に世界征服しようとし、学園で仲間を作っていくコメディ。 最初に仲良くなるのは、魔法を誰でも使える時代にポーションを売るスライム族の薬師。 で、ドジっ子な彼女を助けようとした主人公は 魔力を中和しようとして力かげんを間違えてしまう、という4コマものコメディである。


魔王や勇者ものというよりも職業ものという方向から攻めたところが面白い。 コメディなので嗤いながら読みはするが、 魔王は頑張るが鬼畜で悪魔と見られがち、など周りの目は厳しい。 とはいえ彼にも魅力はあって、実は仲間をその気にさせる 人たらしな側面あり。登場人物がみな目指す職や自分の理想と、 自身の才能とがミスマッチ感のあるところがコメディたらしめているが、 このミスマッチが正されていく展開であるとより面白くなるのかも。


【データ】
むらたたいち
魔王ビギナーのHow To 世界征服
【発行元/発売元】KADOKAWA (2017/5/26) 【レーベル】電撃コミックスNEXT 【発行日】2017(平成29)年5月27日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ 魔王ビギナーのHow To 世界征服(1) (電撃コミックスNEXT)
没落家業を立て直せ! 不景気に負けない異世界ビジネス4コマコメディ♪
没落した家業を継ぐべく神立ダァマ学園に入学した悪魔族のヨシュア。 みんなに慕われる魔王になることを夢見る彼を待ち受けていたのは、 世間の冷たい風だった!? ビジネス知識を武器にシビアな現実に立ち向かえ!!
不景気に負けない異世界ビジネス4コマコメディ♪


■当サイトの著者他作品レビュー
むらたたいち/≒ -ニア・イコール-

■当サイトの月間オススメはこちらから

ねんど。/アリソンは履いてない


アリソンは履いてない 1 (バンブーコミックス)

■ゲームの中のキャタクターが現世に出てきたパターンの 話としては、かなり雑というか思い切った一品。設定はもはや記号。

ゲームの人気キャラの限定フィギュアを無事購入できた主人公。 「発売日に買えるなんて仕事辞めててよかった〜」というような主人公なので すごく心配な話なわけだが、そんな彼の前に人だかりが。 そこには、アリソンのコスプレの女の子。本物そっくり、 と思いきや、目があった彼女は、「搜したのよ!」といい主人公を引っ張っていくのだった。


ゲームの中のキャラクターがこちらの世界にやってくる話。 切羽詰った何かがあるのか、と思いきや、マスター=主人公のせいで下着 なしのノーパンで過ごしているのだ、なんとかしてくれ、と。 主人公は、ゲーム内イベントでスク水イベントのあと下着が再装着 されないバグがあり修正がまだだったような、と思い出す。 つまりそんな設定なので、エロ展開ができます、と。


パンツ履きたい履かせたいが履けません、というコメディ。 でもってゲームの世界にも戻れなくなっていて、 他のキャラクターもどんどんやってくる。 そうしてハーレム展開に。 妹も兄である主人公大好きで、 それでいて主人公は無職。 その辺の事情や生計をどう立てているのかなどは全く説明されず。 そこはまぁ潔いとは言える。


エロいといえばエロいが、ゲームあんまり関係ない。 そもそもゲーマーだった主人公がまったくログインしなくなるってのは 説得力がないのだが。それに、仕事辞めたというくらいなら 主人公はそれなりの年齢なのだろうが、中学生高校生くらいにしか 見えない言動で、だったら普通に高校生でもいいんじゃないかと思わなくもない。 まぁでも成人でないと今時はいろいろツッコミ入るのか。 成人*ゲームキャラなら、何やってもまぁ問題ないしね。


基本的に設定がすべて記号のようで、血が通ってる感じがしない。 でもそれはそうなのだ、ゲームキャラなのだから。


【データ】
ねんど。
アリソンは履いてない
【発行元/発売元】竹書房 (2017/6/7) 【レーベル】BAMBOO COMICS 【発行日】2017(平成29)年6月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★
■購入:
amazon→ アリソンは履いてない 1 (バンブーコミックス)
無課金にはみせられない!? 異次元美少女・アリソン参上!! ニートの青年・スグルの前に現れた少女は 彼の愛するアプリゲーム「ストレンジガールズ」の キャラ・アリソンに瓜ふたつだった!? 彼女と暮らす事になったスグルは 奇妙な事件に巻き込まれることに…。 気鋭の美少女絵師・ねんど。の贈るラブコメ、 ここに開幕!!! ★単行本カバー下イラスト収録★


■当サイトの著者他作品レビュー
ねんど。/サークラちゃん

■当サイトの月間オススメはこちらから

昌子春、外本健生/ピッチディーラー 蹴球賭場師


ピッチディーラー ‐蹴球賭場師‐(1) (ヤングマガジンコミックス)

■プロサッカーの世界を舞台にした 八百長もの。発想はユニークでエピソードは面白いが、 ストーリーはどうだろう。

Jプレミアというサッカーリーグの開幕戦が舞台。 絶対王者であるチームは前期最下位の弱小相手に ホームで手こずっていた。しかもゴールキーパーは 本日がデビュー戦。ただし六大学リーグMVP でU−21代表と経歴はバッチリ。彼は果たして救世主と なるのだろうか?


日本を代表するプレースキッカーのミッドフィルダー、 ワールドカップ得点王のフォワード、ビルドアップの達人である キャプテンのセンターバック、こ の3人に心配されながら、フリーキックで失点し0−1。 残り2分で更に攻め込まれ、シュートをスーパーセーブするも こぼれ球をフリーから振り抜かれてしまう。


0−2で負けた試合。だが、彼ら4人は試合後、チームの用具係から 報酬を受け取る。彼らは「0−2でLOSE」という 指令どおりに負け試合を演じていたのだった。


サッカーで八百長?と思うが4人も参加すればまぁ可能なのかもしれない。 とはいえ残りの7人は思惑と無関係に動くわけで、 指示通りに結果を残せるのか、各試合が描かれていく。 試合展開はそれぞれ面白い。よく作られている。


一方で、ではなんで八百長に手を染めているのか? ということになるわけだが、その大きな物語は微妙。 主人公は金目当てではなく、本当の目的は、父の死に 繋がる闇組織を突き止めるため。・・・それを おおっぴらに発言して、それで消されないということは、 利用されているってことよね。でも、別の本当の理由が ある、という設定でないかぎり、この主人公は だたのバカでは・・・。


そうした、八百長に関わる人たちの背景が気になる 話。そこがよほど上手に設計されていないと、 なんだかなあ、という物語で終わってしまう。 ちゃんとケアした話となるかどうか。


【データ】
原作= 昌子春(しょうじしゅん)、漫画=外本健生 (ほかもとけんせい)
ピッチディーラー 蹴球賭場師
【発行元/発売元】講談社 (2017/6/6) 【レーベル】ヤングマガジンKC 【発行日】2017(平成29)年6月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ C(標準) ■続刊購入する?→★★★
■購入:
amazon→ ピッチディーラー ‐蹴球賭場師‐(1) (ヤングマガジンコミックス)

全てを捨て、全てを賭けた真のプロフェッショナルたち!! サッカー賭博の胴元の指令を受け、圧倒的な技術と戦術で、勝敗だけでなく点差までコントロールする、ピッチ上の賭場師(ディーラー)たちが存在する。「八百長試合の演出」という禁断の闇の世界に身を投じた天才ゴールキーパー・新堂龍司――彼の真の目的とは!? チームメイトですら敵!! 己だけしか信じられぬ壮絶な戦いが始まる!!


■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/618PAGES | >>

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM