【オススメ】 福島聡/バララッシュ


バララッシュ 1巻 (ハルタコミックス)

■【オススメ】アニメに邁進する二人の話。 「バクマン。 」っぽい、かな。

ロードショーの新作アニメを 見に行く二人の男性。 それは作画監督と映画監督。 地元での凱旋興行を ひっそり鑑賞し喜びを噛みしめる。 そんな「大団円」と 題された回から始まる物語。


この手の、未来を描いてから 過去に遡るスタイルの作品は 個人的に好みではない。 ないのだが、本作の場合は、 成功が見えている話であるのは、 安心感があるかもしれない。


高校時代、ヒエラルキーの 上のほうにいた将来の映画監督。 彼はしかしアニメ好きであることを 隠していた。だが、同じ学校に、 かなりの絵を描ける人物がいることに気づく。


その彼にアプローチしたところから、 二人の話は動き出す。 明らかに天才だが、その才能の 使いかたがわかっていなかった人物に、 アニメを見せ、その道を指し示し、 誘導する主人公。


この話が良いのは、主人公は 凡人である、と設定したこと。 天才の隣で大丈夫なのか、と 問いかける、自身も凡人と 自覚しているプロの演出家というオトナを 早々に用意したのは、とてもシビアでシリアスで しかし現実的。 天才の隣にいるつもりなら、もっと図々しく 立ち振る舞え、もっとバカになれ、 というアドバイスが素晴らしい。


この、スタジオ見学の回から俄然面白くなった。 続刊が楽しみ。


【データ】
福島聡 (ふくしまさとし)
バララッシュ
【発行元/発売元】KADOKAWA / エンターブレイン (2018/6/15) 【レーベル】HARTA COMIX 【発行日】2018(平成30)年6月15日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ バララッシュ 1巻 (ハルタコミックス)

1987年、地方都市の平凡な男子高校生だった山口は宇部と出会う。共通点はテレビアニメ。地方で暮らすアニメ好きの青年にとって、共通の話ができる友人はかけがえのないものになった。深夜に待ち合わせて『王立宇宙軍 オネアミスの翼』封切のために並んだり、放課後に「『風の谷のナウシカ』鑑賞会」をしたり……いつしかふたりはプロのアニメーターへの道を進み始める。 『機動旅団八福神』、『星屑ニーナ』に続く福島聡の長編新作は、男ふたりのアニメと友情の物語!


■当サイトの著者他作品レビュー
福島聡/星屑ニーナ

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 高村真耶/ヨルの鍵


ヨルの鍵 1 (ジャンプコミックス)

■【オススメ】自分の能力で街を消滅させてしまった 少年の物語。切ない設定だが、暗い話にせずに 展開しているのは良い試み。

魔法の力を借りて成り立っている世界の話。 人は魔法の力の扉、「鍵」をそれぞれひとつ刻まれて この世に生まれてくる、というファンタジー。


主人公は、幼い頃に魔法を暴走させ、 家も友達も家族も、街ひとつ全体を消し去ってしまった という過去を持つ。ただし彼はその国の王子であり、 町外れに隔離されつつも、罰せられることもなく 生き続けてきた。


それは当人にとっては 辛い日々。しかし理解のある先生とともに、 自分の力と、失われた街の修復を目指して研究を 続けている。彼自身は償いたく、生きることへの後ろめたさも あり、という暗い設定。そういうテイストで話が続くのか? と思うと、ここからが素晴らしかった。


別の強力な力を持つ人物が彼のもとに現れ、 それを追う軍部の者も登場。 王子は軍人と対立しつつ、結果的に拳と拳をあわせた ことで友情が生まれる的な少年漫画の王道決着。 しかしそのスポ根めいた方向も、 主人公の置かれた環境やキャラクターが少年漫画らしくなく、 寧ろ少女漫画的なストーリーであることから 巧く効いている。


辛い立場の人物が健気に頑張る、という方向で、 物語は比較的明るめに展開していく様は 重そうな話かな?という読み始めの印象を覆し、 続刊への興味を引いた。


【データ】
高村真耶
ヨルの鍵
【発行元/発売元】集英社 (2018/6/4) 【レーベル】JUMP COMICS + ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ヨルの鍵 1 (ジャンプコミックス)
【デジタル版限定!「少年ジャンプ+」掲載時のカラーページを完全収録!!】人は皆、魔法の扉を開く「鍵」を宿して、この世界に生まれ出づる。幼き王子は、その魔法で民を殺し、街をひとつ消し去った…。物語は絶望の果てに始まる――。


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 岩本ナオ/マロニエ王国の七人の騎士


マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)

■【オススメ】のほほんとしたファンタジックな 世界の中で描かれるのは、外交と政治。

8つの国がある大陸のなかで真ん中にある マロニエ王国を舞台とするお話。 この国を仕切るのは女将軍、 彼女には7人の息子がいた。


ということで、この7人の息子の話である。 彼らにはあだ名かと思うような人を食った名前がつけられている。 曰く「眠くない」「博愛」「暑がりや」 「寒がりや」「獣使い」「剣自慢」「ハラペコ」・・・ どの時点で名前を名付けたのだ?と思うが。 そんな 彼らに、大陸の他の7つの国に 騎士長を名乗り大使として向かうという命が課せられるのだった。


ファンタジー系少女漫画に案外ある、 政治と外交を扱ったお話。 少年漫画と違ってアクション一辺倒でないので 話の転がし方としてそちら方面も多くなる、 ということなのだろう。 しかも彼らの母親である女将軍は他所者 であるらしい。そうすると、彼女が息子たちに 授けている大義が「いつかかっこよく 我が国のお姫様を助けること!!」 であるというのも、バカバカしいようで、深い。


そこに実際のお姫様が絡みつつ、 しかしまぁそうとは分からない形で彼らと交流。 その姫にはなにか呪いがかけられているのか、 見合い相手にロクでもないことが起こるという 話もあり。


登場人物が多く情報量も多い中で、 一人が他国へ向かったことで 話がフォーカスされて読みやすくなったところで 一巻終了。一巻時点では正直なんとも言えないが、 じっくりお付き合いすればよいのだろう。 7人全員に見どころを用意してくれるのなら、 これはかなり読み応えのある作品となる。 とはいえ一巻の段階で皆評価しすぎでは、 と昨年のランキング本を見て思わなくもなく・・・。


2巻発売済、電子版も出ました→マロニエ王国の七人の騎士(2) (フラワーコミックスα)


【データ】
岩本ナオ (いわもとなお)
マロニエ王国の七人の騎士
【初出情報】月刊flowers(2016年〜2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2017/8/10) 【レーベル】flowers FLOWER COMICS α 【発行日】2017(平成29)年8月15日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ マロニエ王国の七人の騎士 1 (フラワーコミックスアルファ)
マロニエ王国の女将軍・バリバラには七人の息子がいた。 彼らの大義は――
「いつかかっこよく 我が国のお姫様を助けること!!」
そんな彼らに与えられた任務とは…!?
『金の国 水の国』の岩本ナオが贈る、中世騎士ものがたり。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 岩本ナオ/金の国水の国
【オススメ】 岩本ナオ/雨無村役場産業課兼観光係
【オススメ】 岩本ナオ/町でうわさの天狗の子

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 カクイシシュンスケ/柔のミケランジェロ


柔のミケランジェロ 1 (ヤングアニマルコミックス)

■【オススメ】初心者だが天才が 主人公のスポーツもの。よくあるが面白い。 とはいえ柔道という 危険を伴うスポーツでやるのは、 無理あるのかもなぁ。

都内公立の柔道強豪校が舞台。 でも絶対王者の私立には団体戦全敗中。 それを変えたい部員は、新しい誰かを探していた。


もう一方の主人公は新入生。彫刻家の 息子だがそちらの道には行かず。 格闘ストップモーションアニメ作りにご執心。 そんな彼は、重心については ひと目で見て判断ができるほどの目を持っていた。


重心を崩すのが基本、という柔道をテーマに、 体力もない初心者だがその重心崩しができる 天才を主人公としたお話。まぁ、スポーツものの パターンの1つとして確立されている スタイルではある。その分、きっちりと 段取りを踏めば面白くなりやすい。 本作は丁寧な作り込みで成功している。


先輩が彼の才能に入れ込んでいるのが 良い設定。また部活の顧問が怪我のないのが 第一という発想なのは現代風。 このあとの展開を考えると、 可動域は狭いので大きな物語としての 面白さは望むべくもないが、 一巻としては楽しく読んだ。


【データ】
カクイシシュンスケ
柔のミケランジェロ
【初出情報】ヤングアニマル増刊“嵐”(2017年〜2018年) 【発行元/発売元】白泉社 (2018/5/29) 【レーベル】YOUNG ANIMAL COMICS 【発行日】2018(平成30)年5月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 柔のミケランジェロ 1 (ヤングアニマルコミックス)
高校柔道界において「私立」と「公立」の実力格差は広がる一方だった。しかし、その歴史を変える人間が、公立古豪の武橋高校に現れる。その男の正体は…絵画と映画が大好きな陰キャ文系少年・三毛蘭丈だった!? 大人気の柔道成長譚、開幕!!



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】大和田秀樹/ノブナガ先生


ノブナガ先生 1

■【オススメ】 二段構えのタイムスリップもの。 スリッパーにありがちな設定を 踏襲しないところが素晴らしい。

学校の教師をしている主人公は プレッシャーとストレスに切れて、 「ロマンあふれる職場にヘッドハントしてくれ」 と月夜に叫ぶ。すると、心得た、 として彼は次の瞬間、 織田信長の目の前に。そして御屋形様に 気に入られ、彼は家臣として仕えることになるのだった。


幼な妻とは別の話、っていうか 女性キャラはほぼ出てこない。 著者の作品だからね。 これだけだと主人公がタイムスリップするだけで、 そもそもノブナガ先生というタイトルはどういうこと? ということになるのだが、 一話早々で本能寺を迎える。 そこで主人公は再び現代にタイムスリップ。 その際に信長も連れてきてしまうのだった、 という展開。


なるほど、と思いつつ、あれ?先生ってのは? というと、理事長との繋がりもあり、信長が教壇に。 で、現代日本にもすぐに馴染みつつ、 本音で接して生徒も感化されていくという、 あれ、結構、本気で主人公が望んでいた「金八先生」 的なものが実現化している?


織田信長だけに、引きも判断力も抜群、 スーパーヒーローものになってしまうので、 彼の周りに人が集まる、という展開に したのは正解。パロディ系の作品かと思ったが、 いや、まじめに面白い。 ついでにあとがきの墓参りの話もユニークで、 これは長期連載化してほしい。


【データ】
大和田秀樹 (おおだわひでき)
ノブナガ先生
【発行元/発売元】日本文芸社 (2018/5/19) 【レーベル】NICHIBUN COMICS ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ノブナガ先生 1
時は戦国・1582!! 本能寺で絶体絶命の窮地に追い込まれた織田信長は稲妻と共に現代日本へ。 そして始めたのはなぜか「教師」。 覇王の圧倒的スケールで行われる、常識外の授業とは!? 「ムダヅモ無き改革」の大和田秀樹が放つ天下人教育破壊コメディ、ここに開幕!


■当サイトの著者他作品レビュー
大和田秀樹/ムダヅモ無き改革
大和田秀樹/なるほど☆ことわざ ガンダムさん
大和田秀樹/ぶっちぎりCA
大和田秀樹/機動戦士ガンダムさん
大和田秀樹/マカイど〜
大和田秀樹/野獣社員ツキシマ

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 染谷みのる/君はゴースト


君はゴースト 1 (Feelコミックス FC SWING)

■【オススメ】 ゴーストライターが依頼を受けたのは、 元アイドルの伝記だった。

デビュー作が評価されるも その後人物が描けないとされ伸び悩み、 今は様々な物書き仕事をしている主人公。 そんな彼の処女作は、 表舞台から消えた元アイドルに まつわる人物は殺されていくというミステリ。 その着想を得た実在の人物から、 彼は伝記の執筆をする依頼を受けるのだった。


元作家と元アイドルの話が並走する。 主人公は狂言回し、元アイドルが 語る話は当然、なぜ表舞台から消えていたのか、 失踪状態になったのか、が肝であり、 それがスカウトしたマネージャーの仕業と ともに伝えられるのが一巻のクライマックスである。


会社や社会は人の繋がりがある分、 あたたかさやら助け合いやらが言われるが コネクションはネガティブな部分もあわせもち、 それは人を消耗させ壊してもいく。 稼ぐ、生活する、といった要素と乖離した人間関係は 紐付きでない分、離合が容易で、重荷にはならない。 一方で仲良くしたい人と仲良くする、という だけでは成立しない、仕事や住居をベースとする 人間関係は、余分な重荷を抱え込みやすい。 芸能界は、人そのものが商品であり、 歪みや淀みが最も露呈する職業である。 その辺を深く掘ってきちんと明示することは、 社会には定期的に必要なのだろうと思いつつ、 まぁそこまでこの作品が掘り下げるかどうかは知らない。


マネージャーも、枕関係で成り上がったタレントも、 現在進行形で成功している世界で、 元アイドルと現マネージャーは 芸能界に復帰し何を仕掛けるのか、 それに対して主人公はどういう立場で接するのか。 そこに週刊誌だかのゴシップ記者も絡んでくるようで、 話は世間の醜悪さをぶつけるようなものになるのか、 あるいはファンタジックなオチに持っていくのか、 できれば双方が混じり合ったカルトな作品になることを 望みつつ。


2巻はまもなく電子書籍でも発売開始。 →君はゴースト 2 (フィールコミックスFCswing)


【データ】
染谷みのる (そめやみのる)
君はゴースト
【初出情報】FEEL YOUNG(2016年〜2017年) 【発行元/発売元】祥伝社 (2017/10/7) 【レーベル】FEEL COMICS ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 君はゴースト 1 (Feelコミックス FC SWING)

消えたアイドル×ゴーストライターの再生譚
ゴーストライターとして暗躍中の 売れない小説家・佐倉洋介に、 消えたアイドル「真咲遥」の手記の代筆依頼が舞い込んだ。 真咲本人の指名と聞き、「なぜ俺なんかに」と腰が引ける佐倉だが、 奔放な彼女に振り回されるうちに、ふたりの距離は縮まっていく。 しかし、取材が始まり、真咲の口から語られる「消えた理由」は 芸能界の闇そのものでーー!?



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 筒井哲也/ノイズ


ノイズ【noise】 1 (ヤングジャンプコミックス)

■【オススメ】限界集落に招かれざる来訪者が やってきた。チャレンジングな課題を テーマに描く面倒そうな話。

高齢化と過疎化で苦しんでいた集落が 黒いちじくで大ヒット。ふるさと納税 も好調で、町役場の改修に加え図書館も 新設されることになった。しかし、 いちじく農園の若き経営者は妻子と別居状態。 なぜなら町には小学校もなく、 もしできたとしても同級生などいない環境。 それは親の都合による子供の虐待なのではないか? と妻は思っているのだった。


そんな集落に、見慣れぬ男が。その男は無料販売所 に金を入れずに食し、しかしそれを胡麻化すような 人間。よからぬ空気を感じるが、注射痕や刺青はない。 免許証を見せてくるが、怪しげなジビエをすすめてくる。 実は彼は、かつて起こった女子大生ストーカー殺人の 犯人である様子。刑期を終えて出てきた男が どこに住もうと自由ではあるのだが。


この男が性懲りもなくなにかを起こす、 かというとそもそもそんな相手がいなそうだが、 農園主の妻子に目をつけロックオン。 とはいえ何も事態は起こらぬなか、 農園主とその友人は新任警察官とともに 男を詰問。そこでもみ合うなか、 男は死んでしまうのだった。


なんで殺すことがあったのか、そして それを隠す必要があるのか、という話は 出てきそうな展開である。一方で、 そういう展開でないと、これは物語にはならない、 というジレンマもある。


さて、野暮な話だが。 一定以上の犯罪者は社会復帰させないのが ベストであると思っている。再犯率を一般の人の 初犯率と比べた場合当然前者のほうが高いわけで、 社会の安定を優先するならば犯罪者の更生は 考える必要がない。人権という点では、他者の人権を 簒奪した者は人権を停止するのが当然だろう。 それでも人権や更生を支持するのであれば、 面倒も責任も連帯保証もするんだよな、行動で示す んだよな、と思ったりしている。


ということを考えさせる話、でいいのか、 もっと矮小化された展開になるのか、 しかし広げた話にしたいのであれば確かに この展開ではないのかもしれないなぁ、 と思いつつ。 集落にとって隠すのがよいのか、 誰が話に絡んでくるのか、その先には何があるのか。 ひとまず2巻めは読ませていただくことにして、 そこでどう転ぶのか、見届けたい。


【データ】
筒井哲也 (つついてつや)
ノイズ
【発行元/発売元】集英社 (2018/5/18) 【レーベル】ヤングジャンプコミックス ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ノイズ【noise】 1 (ヤングジャンプコミックス)
のどかな田園風景が広がる猪狩町では、黒イチジクを地域の特産として、限界集落から一転、活況を呈し始めた。そんな中、イチジク農園を営む泉圭太のもとに鈴木睦雄と名乗る怪しい言動の男が現れる。彼は14年前に女子大生ストーカー殺人を犯した元受刑者だった。平穏な地域社会に投げ込まれた異物が生んだ小さな波紋(ノイズ)が、徐々に広がっていく――…!!


■当サイトの著者他作品レビュー
筒井哲也/有害都市
【オススメ】筒井哲也/予告犯
【オススメ】 筒井哲也/マンホール

■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/324PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile






















ブックオフオンライン

チケットぴあ

ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM