【オススメ】 坂井恵理/ひだまり保育園 おとな組


ひだまり保育園 おとな組(1) (ジュールコミックス)

■【オススメ】内容から想像できるように 児童と親の話、ではあるのだが、 保育園を舞台にした作品、ではない。 そこが上手い。

共働きだが夫は「オムツ パンパンだよー」と 言いながら「快速乗れなくなる!いってきまーす」 と行ってしまう。オムツを替えてくれることはなく、 保育園に連れていってくれるでもない。 通勤時間の短い妻が息子を園に送り迎えをする。 そんな妻は、復職が早かったかな、息子に悪いかな、 と思いもするが、仕事をすることで自分に戻れたような感じが しているのだった。


が、子供が熱を出しても夫は割りと他人事。 で、たまった不満を職場の先輩に愚痴ったところ、 ダンナに察してと思うのは常にダンナを察してあげちゃっているから、 言うべきことはきちんと口に出さないと、と諭される。 「でもそんなことしたらスネられたり・・・」 「うんウチは結局ダメだった!だから別れた!」 と。


結局、意外と仕事と育児のやり方って似てる? と思った妻は、家事・育児もひとつの会社、 プロジェクトだとして、夫に分担を提案する。 夫は理系な考え方の持ち主なので、その提案に乗ってくるのんだった。 いやあ、これは、踏み込んだ漫画だ。ふんわりとした愛とか育児とか を描く上っ面な作品ではない。牛乳石鹸の炎上したCM 手がけたチームには熟読していただきたい内容である。


話の中で「ひだまり保育園」は関わってはくるものの、 保育園の中での話は少ない。保育園を軸とした連作ものとして 人物が連関していき、 シングルな家庭や高齢出産者に若い祖母、同性愛カップル まで登場。さすがに欲張りすぎではないかと思ったが、 これぞダイバーシティという設定で、 しかもそれが破綻なく構築されておりお見事。


理想の育児や理想の家庭を設定していないところが正解。 まぁいまどき漫画ではそんな設定している作品は 見ませんが、ふと漫画から離れるとそういう主張は 結構目にするので、漫画ってこなれた文化なのだな、 とつくづく思う次第。 紙版は続刊出ました→ひだまり保育園おとな組(2) (ジュールコミックス) 電子版は一週間ほどお預け。


【データ】
坂井恵理 (さかいえり)
ひだまり保育園 おとな組
【初出情報】JOURすてきな主婦たち(2016年〜2017年) 【発行元/発売元】双葉社 【レーベル】JOUR COMICS 【発行日】2017(平成29)年2月17日第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ ひだまり保育園 おとな組(1) (ジュールコミックス)
どこにでもある平和な保育園。 でも、その周りの“おとな"たちには、平和ではいられない苦悩や葛藤が――。 「産後クライシスの働く母」「将来に不安を抱えるシングルマザー」 「ある秘密を抱えた男性保育士」「高齢出産をしたキャリアウーマン」などなど、 それぞれがそれぞれに、大きな問題を抱えているようで…!? 『ヒヤマケンタロウの妊娠』で話題を呼んだ作者が描く、笑って泣けるオムニバス家族ストーリー!


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 坂井恵理/鏡の前で会いましょう
【オススメ】 坂井恵理/ビューティフルピープル・パーフェクトワールド

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 天酒之瓢、masato/魔法使いのおしごと


魔法使いのおしごと 1 (ガルドコミックス)

■【オススメ】 現世に人やモンスターがやってくる系の 異世界交流もの。

モンスターを起こして怒らせてしまった魔法使い、 万事休すか、と思ったところで助けられる。 守備隊だと思い感謝すると相手は馬のいない馬車。 異世界対策課と書かれた車体に 乗ってやってきたのは、現世の人間界が 異世界からの渡界者やモンスター相手に活動する 専門部署だった。


異世界からやってきた女の子を主人公とするお話。 魔法使いではあるが、元の世界でもあまり出来がよくは なかったらしく、こちらの世界でも滑りまくり。 でも頑張ろうと努力する。そんな彼女を、 異世界対策課が雇い入れることで物語は転がっていく。


やってきたこちらの世界で馴染もうとする話と、 異世界から次々と渡界者やモンスターがやってくるという話が 並行して物語が綴られる。 一方で大きなテーマとしては主人公が元いた世界に 戻ろうとする話が柱としてあり、物語の骨格はしっかり。


ただ、この手の話は、現状と言うか過去に復帰したい、 というテーマなので実は物語としてはあまり前に進まない。 とはいえ人間が異世界に行く話よりは、 異世界から人間世界に来る話のほうが展開の幅は多そうだ。


【データ】
原作=天酒之瓢(あまざけのひさご)、漫画=masato
魔法使いのおしごと
【初出情報】オーバーラックComicONLINE(2016年)コミックガルド(2016年〜2017年) 【発行元/発売元】オーバーラップ 【レーベル】GARDO COMICS 【発行日】2017(平成29)年7月25日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 魔法使いのおしごと 1 (ガルドコミックス)
異世界と現代が偶然繋がる【渡界】という現象がはじめて起きてから数十年――ここ遠埜市の商店街でも、ミノタウロスが肉屋の主人を務め、リザードマンが普通に会社に就職し、エルフが人間と結婚することが当たり前になっていた。そして、また新たな【渡界】現象が発生。魔法使いの少女・ヘンリエッタが来訪する。身寄りがなく困り果てる少女に手を差し伸べたのは【渡界】現象によって 起こるトラブルやモンスターを襲来に対応するための国家組織【異世界対策課】であった――。


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 YASCORN/おんな鉄道ひとり旅


おんな鉄道ひとり旅 (フラワーコミックススペシャル)

■【オススメ】オーソドックスな乗り鉄話で楽しく読める。

著者の寝台特急北斗星乗車記に始まる、鉄道での乗り鉄 系のエッセイマンガ。丁寧な描写で旅の醍醐味を伝える 内容で面白い。


ただし経験談という形で、鉄道好きや乗り物好きが 読むにはやや弱い。勿論ターゲットがそこではないからである。 乗り鉄という割に駅弁やら温泉やら周辺の情報が多く、 そこがまたエッセイものとして楽しく仕上がっているところ。


根府川駅で猿・・・いや、見たことないな、年に数回行きますが。 ちなみにあの駅は本当に海が目の前。関東大震災で 列車が海に転落し多数の死者を出したというのがこの駅で過去にあったこと、らしい。


駅弁も 山梨県小淵沢駅の丸政の弁当 「高原野菜とカツの弁当」 が紹介されているが 、これは宮脇俊三氏も好きな駅弁として あげていたお店の品物。なお宮脇氏のオススメは「元気甲斐弁当」。 そうそう最近NHK「サラメシ」でも氏を偲んで取り上げられていたのだった。 近々白州の蒸留所に行く予定なので買いたいと思っております、はい。


その他、青春18きっぷでの旅や、女性に人気のサンライズ出雲、 などなどネタ満載。ふーん、へえ、ほお、と思う、鉄道旅に 出たくなる一冊に仕上がっている。


【データ】
YASCORN (やすこーん)
おんな鉄道ひとり旅
【発行元/発売元】小学館 (2017/7/10) 【レーベル】プチコミックフラワーコミックスαスペシャル 【発行日】2017(平成29)年7月15日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作)
■購入:
amazon→ おんな鉄道ひとり旅 (フラワーコミックススペシャル)
寝台列車との出会いから鉄道の旅に目覚めたYASCORN先生が、女性がひとりでも楽しめる「女子鉄」のコツを伝授します。テツに興味はあるけれど、なかなか乗ってみる機会が無い…という人にオススメの、読むだけで旅行気分が味わえる体験的鉄道エッセイコミックです。


■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 日生マユ/放課後カルテ


放課後カルテ(1) (BE・LOVEコミックス)

■【オススメ】日常周りにある健康と病気の話を スムーズに取り上げた良作。

先任の保健室の先生が産休に入ったことで その役割を担う形で小学校の学校医として入った医師。 養護教諭のつもりは当人にはなく、 その分とる態度に対して不快に思う者や 高学年女子もいるので男性の学校医などトラブルのもとだと 考える者も同僚教師にさえいるという環境だが、 その中で業務には真面目な彼は不具合のある生徒の 抱える問題を的確に見抜いていく。


最新刊が放課後カルテ(14) (BE・LOVEコミックス)と14巻まで巻を重ねている作品で今更ですがご紹介。養護教諭や学校医ものは割りとあるが、 最初のエピソードがナルコレプシーから始まるというのは特殊。 ただその後の内容は現実にありふれた話に寄り添っており、 ドラマドラマしたよく出来た虚構の世界にとどまる物語から逃れている。 そして、話としての流れが自然。その分、主役である医師は背景に 隠れてしまっているが、描きたい内容からしたらそれで良いのだろう。 ちなみに主人公自身に関しての話は一巻では少しだけ伏線がはられている。


ありふれた課題をテーマに、しかし背景にあるものを明確に示し、 それを医師の力だけで解決しようとはしない。 物事を解決するのは最終的には自分自身である、 という線をきっちり引いた物語としており、 そのため最後はまとまるところにまとまるエピソードでも 読後の納得感が高い。 志の高い良い作品である。


【データ】
日生マユ (ひなせまゆ)
放課後カルテ
【発行元/発売元】講談社 (2012/2/13) 【レーベル】講談社コミックスBL 【発行日】2013年10月1日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 放課後カルテ(1) (BE・LOVEコミックス)
過食症、ナルコレプシー、ベル麻痺――。小学校にはあなたの知らない病気で溢れている。子供たちの未来を守る最後の砦「保健室」に謎の問題医・牧野(まきの)先生がやってきた! 小学生たちの身近に潜む、名も知らぬ病気の数々――。口も態度もでかい謎のドクター・牧野先生がだれもが見落としてしまう小さな病気のサインにどこか冷めながらも(?)向き合うようですが……!?



■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 横山了一/戦国コミケ


戦国コミケ 1 (MFC ジーンピクシブシリーズ)

■【オススメ】戦国にトリップしたオタク が激戦をくぐり抜ける、タイムスリップもの コメディというかパロディ。

コミケ会場に買い出しに行っていた兄妹。 会場から出たところで落雷にあい、 気づくと彼は戦場にいた。 「何者だおぬし?千を超える兵をものともせんとは・・・」 「千?実に小規模なイベントですな・・・/小生は20万人が集まる戦場を くぐり抜けてきましたから・・・!」 襲ってきた敵をいなした彼を、 木下藤吉郎秀吉が取り立てることになる。


戦国時代にタイムスリップしてしまう話、 だがこの手の話は主人公が何故?と狼狽するところから 始まるものだが、本作の場合、主人公はあっさりと 環境を受け入れる。順応力があり、しかも ヲタク活動で育んだ反射神経もあるので、 彼は戦国時代でも馴染んでしまい、 それどころか手柄をあげていく。


一方で流石に信長や家康のことはわからんでもないが 詳しいことはほぼ知らず木下藤吉郎が豊臣秀吉であるという ことも朧げにも理解していないという歴史無知設定。 しかしその知識のなさはハンデキャップになっていない。


今後はどこまでストーリーものとして組み立てていくのか、 が焦点か。主人公の出現で歴史が変わる系の話にするのか、 史実に沿う形で主人公を活躍させていく「 信長の忍び http://manga-1.com/?eid=4396 」の話にするのか。 本作は基本的に落ち着いた雰囲気なので、 一発芸的なワンショットもの で繋いでいくだけだと続刊で失速感が出てしまうかもしれない。


連載目当てにツイッターで発信し 見事書籍化をゲットしたという マーケティングに基づいた一作。 ウェブで楽しませてもらったので お金払って買ってみたが 確かに面白い。とはいえ124ページってのは 4コママンガかと思うほど薄めの本。 まぁ同人誌に比べれば厚くて安いが。



【データ】
横山了一 (よこやまりょういち)
戦国コミケ
【発行元/発売元】KADOKAWA / メディアファクトリー (2017/8/10) 【レーベル】MFCジーンピクシブシリーズ 【発行日】2017(平成29)年8月10日発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ 戦国コミケ 1 (MFC ジーンピクシブシリーズ)

爆誕!! コミケ帰りの戦国タイムスリップコメディ! "千を超える兵? 実に小規模!! 小生がくぐり抜けてきたのは、20万人が集う戦場!"


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 横山了一/北のダンナと西のヨメ
【オススメ】 横山了一、加藤マユミ/飯田橋のふたばちゃん
【オススメ】 横山了一/極☆漫〜極道漫画道〜

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 萩尾望都/ポーの一族 春の夢


ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)

■【オススメ】久しぶりの「ポーの一族」新作は シリーズ初見の人でも問題なく作品に没入できる一巻完結本。

舞台は1944年のイギリス・ウェールズ地方。 エドガーはすれ違った少女の、心細い目に心惹かれた。 昨夏にリヴァプールから来た一家だがその子たちは ドイツからの移民だという。


ドイツのユダヤ人という立場で親戚を頼り子供たちだけで イギリスに渡ってきた姉弟。弟のキャラクタはー アスペルガー気味なのか。姉は、頑張ってイギリスになじまないと、 弟の面倒も見なければ、と奮闘している。


それに関わることになる 少年ふたりがエドガーとアラン。少年とはいってもそれは 風体だけで、実態はバンパネラであり実際は年齢を重ねている。 本作でのエドガーは思慮に欠ける行動をとることは殆どなく、 そうした役割はアランはじめ他の人物に振られている。


そして、他のバンパネラたちも多数登場する。気づけば バンパネラ大合戦というか、まぁ別に戦うわけではないが、 『X−メン』を見ているかのような内容に。 人物の連関の仕方は面白いが、前作に出てくる人物は ほぼおらず、その点で連作っぽさは少ないが本作からでも読みやすい。 とても美しい悲劇となっている。 ちなみに時代背景と話の本筋は、ほぼ関係がなかったりする。


バンパネラ特有の時を超越した存在感は、本作ではエドガーが 全身に纏っている。一方で他のバンパネラにはそこまでの存在感がなく、 俗物のような雰囲気が漂う。これは、バンパネラを出しすぎた弊害か。 寿命の短い人間は行き急ぐのか戦争をする、という話であるが、 一方でバンパネラ同士の争いも描くのは、人間も人間でいられなくなった 者も結局似ているということか。しかしそこは、戦争を描くのであれば、 バンパネラは争いに距離を置くものとして対比するほうが効果的で あったようにも思うのだが。


巻末まで読むと、なんだろう、これは、神隠しの話のようになっている。 結局、エドガーとアランの話では実はなかった、 というのが本作で、なのでちょっと肩透かしを受けた感もある。


【データ】
萩尾望都 (はぎおもと)
ポーの一族 春の夢
【初出情報】flowers(2016〜2017年) 【発行元/発売元】小学館 (2017/7/10) 【レーベル】フラワーコミックススペシャル 【発行日】2017(平成29)年7月15日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作)
■購入:
amazon→ ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)

名作「ポーの一族」40年ぶりの新作続編! 不朽の名作「ポーの一族」から40年。ついに新作の続編がコミックスに!! 永遠の時を生きるバンパネラ(吸血鬼)であるエドガーとアランは、 1940年代戦火のヨーロッパ、イギリス郊外でナチスドイツから逃れてきたドイツ人姉弟と出逢う・・・ そしてその出逢いが新たな運命の歯車をまわすーーー


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 萩尾望都/AWAY−アウェイ−
【オススメ】 萩尾望都/ポーの一族
【オススメ】 萩尾望都/11人いる!

■当サイトの月間オススメはこちらから

【オススメ】 箱石達/フルドラム


フルドラム 1 (ヤングジャンプコミックス)

■【オススメ】特異な才能を見出されるある種の天才スポーツもの。 その人物が運動音痴で、しかし自信過剰という設定は面白い。

野球部に入った主人公、だが運動神経のあまりのなさに クビになってしまう。というか彼はサッカー部でも陸上部でもバレー部でも テニス部でも、同様にクビになってきたのだった。 でも彼は運動部に入りたい、なぜなら彼女が欲しいから! 「高校生は部活やってなきゃモテねぇんだよ」と、そんな理由で盛り上がる彼は、 偶然ぶつかった女子がラグビー部のマネージャーで、 部員数ギリギリの部活だけに彼女は勧誘する気満々、 彼も入る気満々ということで、チャレンジすることになるのだった。


そしてマネージャーが絡まれているところに遭遇、 実はラグビー部のキャプテンもいたのだが、 いきりたったヤンキーがバイクで突っ込んでくる ところに彼が立ち向かい、それを一人で止めたのだった。


ある種の天才を発揮するスポーツマンもので、 運動音痴という点では「はじめの一歩」 的だろうか。ただ主人公がお調子者という点で 実にジャンプ的。いや、こういうのは良いと思う。 どこかで自分を待っている人や分野がある、というのは 夢がある。


描き方はじっくり。その分、話の運びは遅い。 ラグビーに興味がない大半の読者に読んでもらうには、 これくらいじっくり描くのが良いだろう。 ただ、その分の尺を確保できるのか、我慢して 連載を続けられるのか。編集部サイドが我慢すれば、 面白い作品になることは確実だと思うのだが。


ほうっておくとオールラウンドなスーパーマンを求めたがる世の中で、 適材適所、セクションのスーパースターを描こうとする話は、 それだけで、社会の、世界のためになるのではないか。 ラグビーで面白い話を描こうとすれば、必ずそういう内容になるはずなので、 これは期待したいところ。


【データ】
箱石達 (はこいしとおる)
フルドラム
【初出情報】週刊ヤングジャンプ(平成29年) 【発行元/発売元】集英社 (2017/4/19) 【レーベル】ヤングジャンプコミックス 【発行日】2017(平成29)年発行 ※電子版で購入
■評価→ B(佳作) ■続刊購入する?→★★★★
■購入:
amazon→ フルドラム 1 (ヤングジャンプコミックス)
運動音痴で、部活動は即クビ、しかもストーカー気質…。そんな高校1年生・日野は、運命の人との出逢いを果たす!! その運命の出逢いがもたらしたのはラグビー人生。男と男、プライドが衝突する闘球の世界へ飛び込む!! 魂と意地が弾けるラグビーストーリーがキックオフ!!



■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/312PAGES | >>

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

WOWOW

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

日経エンタテインメント!
日経トレンディ (TRENDY)
週刊ダイヤモンド
週刊東洋経済
宣伝会議
トッププロモーションズ販促会議
DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー
競馬最強の法則
競馬王
会社四季報 プロ500
会社四季報 ワイド版
ダイヤモンドZAi(ザイ)


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM