フォレスト・イン 昭和館

旅行記です。

(2020_27)Ka-Na(植村花菜) 15th Anniversary Live@ビルボードライブ横浜_20201031_1st

音楽関連記事です。


天皇賞(秋)_20201101

競馬関連記事です。 

このマンガ一巻がすごい!2020年10月編

今月に読んだ漫画1巻で特に印象に残った作品をご紹介
月間オススメ

□今月のパワープッシュはこちら(今月レビューした本ベースなので新旧入り混じっております。旧作クラシックも含みます) 

1. 迷子/プリンタニア・ニッポン
2. 福田秀/スタンドUPスタート
3. 硬梨菜、不二涼介/シャングリラ・フロンティア 〜クソゲーハンター、神ゲーに挑まんとす〜
4. 吉田秋生/詩歌川百景
5. 四ツ原フリコ/家政夫のナギサさん
6. 真鍋昌平、福田博一/ピックアップ
7. 東村アキコ/私のことを憶えていますか
8. LEN[Aー7]/ラブスコア
9. ゆうきゆう、ソウ/真実のカウンセリング

他に続刊刊行済ですが 芦原妃名子/セクシー田中さん が おすすめです。

新刊・続刊情報_20201029

新刊・続刊本の情報です。オススメした作品を中心に気になる一巻本も抜粋します。

同一URLにて上書き更新していきます。なお発売情報は電子書籍ベースです。


【オススメ】ゆうきゆう、ソウ/真実のカウンセリング


真実のカウンセリング 1 (1巻) (ヤングキングコミックス) (amazon), 真実のカウンセリング (honto)

■【オススメ】真実を一言でぐさりと言い放つ、正論一発芸もの。

いつものパターンものだがついつい買ってしまう。このシリーズだが 絵は使いまわしではない。


ある場面を取り上げて、そこでその裏にある真実、正論を ストレートに述べて、身も蓋もない話にするという変形4コマもの。


男女間ネタと、SNSネタが多くを占める。 基本的に、自分を棚に上げて他人事に首を突っ込む話に、 その真相をつくというネタが多い。まぁ心に余裕のない人は 読まないほうが…ってそういう人は手に取らないから大丈夫か。 寧ろそういう人が読むべき本かもしれないが…。


【データ】
原作=ゆうきゆう、作画=ソウ
真実のカウンセリング
【発行元/発売元】 少年画報社 (2020/9/30) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ 真実のカウンセリング 1 (1巻) (ヤングキングコミックス) , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ 真実のカウンセリング , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
世の中の色んな事象にあまりにも正論をズバッと言い放つ辛口女医・世野真実。ぐうの音も出ない一言に日頃の悩みもスパっと解決!?をゆうきゆう&ソウの黄金コンビがお届けする笑ってためになる1冊!


■当サイトの著者他作品レビュー
ゆうきゆう、ソウ/モテるマンガ
【オススメ】 ゆうきゆう、ソウ/マンガで分かる心療内科
ゆうきゆう、ソウ/おとなの1ページ心理学

■当サイトの月間オススメはこちらから

河本ほむら、木綿八十子/リーガルエッグ


リーガルエッグ(1) (イブニングコミックス) (amazon), リーガルエッグ (honto)

■司法修習生を描く法律家の卵もの。

司法試験に受かった者は一年間の修習が必要となる。 本作はそうした司法修習生を描くお話。


月給13万5千円でやりくりする、というなかなかに無茶な話。 専念義務があるのでバイトもできない、と。 おかげでひもじい生活、というところから話が始まる。


地方検察庁で、処理されていない事件を担当し、 調書作りを行うことになる。指導検事のもとで、だが。 これまで勉強だけをしてきた者が、正解のない問いのなか、 事件をどう取り扱うかに戸惑い、様々なことを考え始め、 きりがなくなる。目の前には被疑者がおり、 その先には被害を受けた者がいる。 その中でいろいろ突っ走りながらも丁寧に事件を扱っていこうと する主人公を描く。


答えがない話、だが指導検事がいるので一応の 正解のようなものは示されることになる。 その点で一概に答えのない話ではないような気はする。 もちろん、正解はないのだが。 一方で主人公以外の同期で出てくる人物が シビアというかクールというか機械的というか、 割り切った態度の者が多いのは、物語上の対比なのだろうが気になるところ。


本作の良さは、主人公を裁判官や検事や弁護士を目指す者ではなく、 法律家になりたい、として就職活動もあまり仕掛けていないような、 ニュートラルな人物に設定しているところ。 裁判官的視点や弁護士的視点にとらわれることのない話に 仕上げており、どうすれば再犯をしないかという発想での 結論はユニーク。とはいえ世の裁判は、民事であれば、 示談を目指すのが基本であるのでその発想は正しいのだろう。


【データ】
原作=河本ほむら、作画=木綿八十子、監修=和賀公紀
リーガルエッグ
【発行元/発売元】 講談社 (2020/10/23) ※電子版で購入
■購入:
amazon→ , Kindleマンガストア コミック _ Amazon _ アマゾン
honto→ リーガルエッグ , 漫画・コミックの電子書籍の新着情報- honto
「法律って何のためにあるんだろう」弁護士、裁判官、検察官――。「法曹三者」になるためには司法試験合格後、1年間の修習を経なければならない。筒松誠は司法のプロになるため、日々の修習に励んでいる。最初の修習は検察修習。司法のタマゴが相手をするのは本物の犯罪者! 果たして筒松は修習を経て「法律」への答えを見つけられるのか――!司法試験合格者、『賭ケグルイ』の河本ほむらが送る熱きリーガル・ドラマここに開廷!


■当サイトの月間オススメはこちらから

| 1/1356PAGES | >>

search this site.

mobile

qrcode

selected entries

categories

profile

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM