2016-12-09

●2016年12月9日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 講談社 週マガKC 堕イドル(1) (講談社コミックス) ガクキリオ

★(電子版同発) 講談社 週マガKC 死島戦線EX(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン) 内乃秋也

★(電子版同発) 講談社 シリウスKC オーディンスフィア ちいさな妖精女王(1) (シリウスKC) アトラス

☆(電子版12/16) 集英社 ヤングジャンプコミックス ブラックナイトパレード 1 (ヤングジャンプコミックス) 中村 光

小学館 フラワーCアルファ 僕のジョバンニ 1 (フラワーコミックスアルファ) 穂  積

★(電子版同発) 新潮社 バンチコミックス 木崎少年のほろにが喫茶巡礼 1 (BUNCH COMICS) 左東武之

★(電子版同発) 新潮社 バンチコミックス 私と彼女のお泊まり映画 1 (BUNCH COMICS) 安田剛助

★(電子版同発) 新潮社 バンチコミックス 妖怪の飼育員さん 2 (BUNCH COMICS) 藤栄道彦

小学館 フラワーCアルファ 月影ベイベ 8 (フラワーコミックスアルファ) 小玉ユキ

2016-12-08


●2016年12月8日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

秋田書店 少年チャンピオン・コミックス AIの遺電子 4 (少年チャンピオン・コミックス) 山田胡瓜

2016-12-07

●2016年12月7日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 講談社 アフタヌーンKC 小路花唄(1) (アフタヌーンKC) 麻生みこと

★(電子版同発) 講談社 アフタヌーンKC ヴァルガビンゴ(1) (アフタヌーンコミックス) 亜画々屋ぺらも

講談社 KCx(ARIA) 極楽町デッドエンド(1) (KCx) 黒榮ゆい

芳文社 まんがタイムコミックス ゆーこさんと魔法のマント (まんがタイムコミックス) 橘 紫夕

芳文社 まんがタイムコミックス あしながおねえさん (まんがタイムコミックス) シモダアサミ

芳文社 まんがタイムコミックス らいか・デイズ(22) (まんがタイムコミックス) むんこ

● 水曜日のカンパネラ・ワンマンライブツアー2016 〜SUPERMAN〜 @中野サンプラザ ¥4,000-
 初のホール。場内練り歩くパフォーマンスが水カンの魅力でライブハウスならではと思いつつ、ホールでは別の見せ方を開発してくるのでは?と期待もしていたが、結果的には煮詰まってないアクトになっていた感あり。
オープニングは安定の15分押し。別にそれはよい。場外で歌いはじめて中に入ってくる展開もいつもどおり。客席に降り練り歩き、客にマイクを渡しステージさえあげる展開もあったものの、全体的にはステージ上で展開されていた感が強い。お台場のフリーライブでヤバいと思ったのか定番化しつつあった透明なボールにコムアイが入ってフロアの客の上を転がっていく展開はナシに。これで一個手を封じられて、でも代案らしきものはなかった。ダンサーとライトを使ったアクトは綺麗で素敵で、これを定番化しつつあるのは良いと思うが、他がちょっと足りない。
要するに方向性がぶれている。シベリア少女鉄道の音楽版かな、と思ったハチャメチャさは随分と薄くなった。危なくないパンク、というイメージも、意外性のないステージアクトとなればパンクでさえない。モダンアートのインスタレーション的な感じはあり、もう客もついているし若い子はそういうの好きだろうからそっちにいっちゃえ、と思うものの、コムアイの地頭のよさが生きるトークはやはり盛り上がり、とはいえ本人が本調子でないのか、あるいは構成の問題か、時間が押しているだけか知らんが、MCがあまりないライブではあった。
本質的には踊り中心に構成するようにして、もう、アート寄りでいいよ、そういうライブにしちゃえ、ダンサーと映像多用して、と思うんだけれど、まぁ、金と時間はかかるんだよね。なんせホールで4000円のライブなので。もっと高くしてもいいんじゃない?と思うけれど、女子高生の女の子結構見たので、ああ、そういういい顧客を維持したほうがいいと考えると難しいところ。次回は武道館で4,888円ですが。うーん、どんなライブになるのかねぇ。ちなみに私、なんだかんだいってますがチケットもうおさえてますので、武道館も行くこと確定済です。

【オススメ】 草川為/今日の恋のダイヤ


今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)

■【オススメ】人物が軽く繋がる、 恋をめぐる連作短編。著者だけに達者で、 いい読み心地。

新作「今日の婚のダイヤ (花とゆめCOMICS) 」が発売されたので旧作ですがご紹介。白泉社はもっとも好きといってよい マンガ出版社なのだけれど、電子書籍版はだいぶ遅れてのリリースになるので、 もう紙の本は持ち歩けないしモノを増やしたくもないので買いたくない 者としては少々残念というかこのブログの運営上だいぶ残念な事態となっております。 ま、こちらの事情ですが、でも、電子版は基本的に売り切れ在庫なしって ことにはならないので、買うにも紹介するにも安心なんですがね。


さて、今回紹介するのは「今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS) 」、紙書籍は2014年6月の刊行である。好きな著者の作品だが紹介漏れが起こっているのは先に述べたように電子版が紙よりだいぶ遅れて出るので電子書籍ベースに軸足を移した本サイトでは買うタイミングも紹介するタイミングも逃しがちなため。ところで新作のダイヤはダイヤモンドのようだけれど、こちらの作品のダイヤは公式サイトの紹介で「今日の恋のダイヤは全便、乱れながらも運行中。」とあり飛行機絡めた話ばかり、短編タイトルも001便とあるように、ダイヤグラムの意味である。


短編4編とショートショート1編収録、あとがきにあるように著者にとって「初めて現代日本を舞台に全く不思議な要素の出ない話」、ただ著者なので作品の仕上がりにソツはない。しっかり中身の詰まった話を軽快に描く持ち味は本作でも。題名どおり、恋バナ4つ。4人の女性を主人公に綴るオムニバス。しっかりした女性だが片思いの話。そのしっかりした鎧を脱ぐ話である点は共通。次は遠距離恋愛の女性の話、こちらは互いを思うがゆえにこじれるという面倒臭さ。鎧という点は同じかな、と思いつつ読んだ最後の話は、随分と方向を変えていて、あれ、これは恋の話ではあるようでないような。自己嫌悪に陥るところを、背伸びしなくていいじゃない、という点は実はその前の話とおんなじ。テーマをツイストしつつ少し見方を変えて繋いだ話は、見知らぬ同士を主人公にしながら僅かに繋がり、その知らない相手に勇気やきっかけをもらう内容となっている。


結果、読者も少なからず元気をもらう。せつない短編集はよくあるが、チアアップするものは少数派である。おなじ泣かせる物語なら、悲しかったりせつなかったりするよりも、笑えて泣けるという話のほうが物語として何段も上等である。その少数派の佳作が本作であり、高く評価したい、というか賞賛したい。


【データ】
草川為 (くさかわなり)
今日の恋のダイヤ
【発行元/発売元】白泉社 【レーベル】花とゆめCOMICS 【発行日】2015年5月1日初版第1刷発行 ※電子版で購入
■評価→ A(絶品)
■購入:
amazon→ 今日の恋のダイヤ (花とゆめCOMICS)

誰かの勇気が私に、私の勇気が誰かに繋がっている。 片思いの会社の先輩が姉と付き合い始め、諦めようとしてきた楡原。 だが2人の結婚が決まり、式に出るため気持ちを殺し空港へ向かうが…。 意中の彼と恋のライバルの3人で出張中の鈴懸。 遠距離恋愛中の栃木。 卒業旅行中の菩提。 見知らぬ4人が空港を行き交う一瞬に影響を与え合い、前に進んでゆく連作オムニバス!! 001便:楡原の場合 苦い恋 002便:鈴懸の場合 恋の三角関係 003便:栃木の場合 遠距離恋愛 004便:菩提の場合 卒業旅行 今日の恋のダイヤは全便、乱れながらも運行中。 2014年6月刊。


■当サイトの著者他作品レビュー
【オススメ】 草川為/世界で一番悪い魔女
【オススメ】 草川為/僕の棺で晩餐を
【オススメ】 草川為/八潮と三雲
【オススメ】 草川為/龍の花わずらい

■当サイトの月間オススメはこちらから

2016-12-05

●2016年12月5日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

白泉社 花とゆめコミックス 今日の婚のダイヤ (花とゆめCOMICS) 草川 為

白泉社 花とゆめコミックス あなたのお背中、流したい。 1 (花とゆめCOMICS) 山口美由紀

白泉社 花とゆめコミックス 王女の条件 2 (花とゆめCOMICS) 磯谷友紀

白泉社 花とゆめコミックス 世界で一番悪い魔女 3 (花とゆめCOMICS) 草川 為


●上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト@国際フォーラムホールA

 ドラムのサイモン・フィリップス氏は復帰もベースのアンソニー・ジャクソン氏は療養のため アドリアン・フェロー氏に交替したトリオ編成。今回は、冒頭で宇宙に飛び立ったかのうような広がりを見せつつも、何年か前のような果てしない旅に連れてってくれる感覚ではなく、ビッグウェーブが襲ってくるような、そんな感じ。体験としては凄いが聴衆たる私達の位置は動かない感じ。とはいえ前年の、中庭で遊んでいるのを微笑ましくみる感覚だったのに比べると個人的な満足感は上だったかな。ちなみに毎回満足して帰ってはいるわけなので、その中での比較の話ですが。

●シェイクシャック 3号店が有楽町国際フォーラムにできていたので入店。ファストフードとしては高いがグルメバーガーとしては安い。シャックバーガーのダブルを頼んだ。肉は熱々。それは嬉しいが、しょっぱくないですかね、これ・・・。ビールと一緒に食えって話ですかね。次は創業の品だというホットドッグを頼みたいです。しかしこの店のロゴやグッズはかわいいですな。


2016-12-02


●2016年12月1日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

★(電子版同発) 少年画報社 YKコミックス クロスライン 1巻 (ヤングキングコミックス) ムサシマル
●2016年12月2日発売の「紙」書籍→(★☆は電子書籍あり:★は紙書籍と同発で安価、☆は紙書籍と同価格ないし紙書籍より発売遅延)

講談社 シリウスKC 異世界支配のスキルテイカー ゼロから始める奴隷ハーレム(1) (シリウスKC) 柑橘ゆすら

集英社 ジャンプコミックス クオリディア・コード 1 (ジャンプコミックス) Speakeasy

☆(電子版12/16) 集英社 ジャンプコミックス 約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス) 白井カイウ

☆(電子版12/16) 集英社 ジャンプコミックス ラブラッシュ! 1 (ジャンプコミックス) 山本亮平

★(電子版同発) 集英社 ジャンプコミックス シニギワ (ジャンプコミックス) 福田健太郎

集英社 ジャンプコミックス 東京季語譚訪 1 (ジャンプコミックス) 椎橋 寛

集英社 ジャンプコミックス 花侍のサハラ (ジャンプコミックス) 芝田優作

集英社 ジャンプコミックス ぎなた式 (ジャンプコミックス) 三木 有


このマンガ一巻がすごい!2016年11月編

今月に読んだ漫画1巻で特に印象に残った作品をご紹介
月間オススメ

□今月のパワープッシュはこちら(今月レビューした本ベースなので新旧入り混じっております。旧作クラシックも含みます) 
1. たな/ごはんのおとも
2. 飯田/給食の時間です。
3. 高梨みどり/海獣さん
4. 高倉みどり/平松っさんの心理学
5. 横幕智裕、モリタイシ/ラジエーションハウス
6. 小原愼司/青猫について
7. 栗井茶/メメメメメメメメメメンヘラぁ・・・
一巻完結本では こがたくう/宇宙のプロフィル ぬじま/歌うヘッドフォン娘 がオススメです。
続きを読む >>

| 1/1166PAGES | >>

search this site.

selected entries

categories

profile











ブックオフオンライン

チケットぴあ

ブックサービス  あなたにお届け 大切な一冊

WOWOW



fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ


ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM